POGの星 2015-2016 HOME > カテゴリー [MY POG馬 2015-2016 ]

スポンサーサイト



スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メジェルダ、会心のレースで2着。パーシーズベストはちょっと進歩。



スポンサードリンク



先週はMy POG馬から2頭が出走。

ファンタジーSに出走したメジェルダは、前回の記事で「それしかない」と書いた通り、今回もスタートから逃げてゴール前で粘りこんでの2着。

・鞍上の好騎乗
・コース
・枠
・馬場
・展開
・他馬の状態
全てがうまくはまっての会心のレース。

逃げるだろうと思われた最内2頭のスタートが悪くメジェルダがマイペースで逃げる展開になったのに加え、1番人気・ブランボヌールが休み明け+伸びない内を選択、メイショウスイヅキが掛かって自滅、4番人気・ワントゥワンも追い出しが遅れた感あり、ということで、この馬にとっては最高の形になりました。
(アドマイヤリードの凡走はよくわかりませんが。)

最後の最後でキャンディバローズにかわされたのは惜しかったですが、
今回のメンバーで収得賞金を加算できたのは大きいですね。

これでうまくいけば桜花賞までは出たいレースに出られるでしょう。
(桜花賞出走はもしかすると賞金上積みor出走権が必要になるかもしれませんが。)

今後は阪神JF⇒紅梅S or クロッカスS辺り⇒フィリーズレビュー⇒桜花賞、というイメージでしょうか。

やはり今回の走りを見ても現時点ではこの馬にマイル以上は厳しいそう。
相手が強化され、距離が伸び、コースも阪神に替わる阪神JFでは掲示板に載るのも難しいと思いますが、スローで後ろがけん制し合っているうちに出しぬけられれば掲示板くらいはチャンスがあるかも。


未勝利戦に出走したパーシーズベストはまたも追い込みが届かず2着。
相変わらず序盤の追走には苦労していますが、ちょっと進歩は見られたと思います。

前走の致命的な出遅れに比べれば大分マシになっていましたが、今回は相手が強化されている分、1着のタイセイサミットに届かず。重馬場で差し馬には厳しい条件でしたが、それでもラスト3F 35.0は2位のゼンノタヂカラオに0.5差をつけての上がりダントツトップですから、力があるのは間違いないです。
今回のレースぶり自体は全く悲観するものでもないですし、むしろ今後に向けてはポジティブなレースだったと思います。

ただ、昨年のシャドウダンサーもそうでしたが、牝馬の中~長距離路線は難しい。
牝馬同士ならあっさり勝ちきれるでしょうが1,800m以上の牝馬限定戦なんてないですし、あまり勝ちきれずにいると消耗してしまいますし、結局、早めに牡馬を倒して賞金加算するしかない、と。
牝馬限定戦で無理なく賞金加算していくなら、どうしてもマイル以下への対応が必要になってしまうんですよね。。。

ただ、パーシーズベストの今のダッシュ力と直線でのトップスピードに乗る遅さを考えると、ちょっとマイル以下では厳しそう。
相手の薄いところを狙って、未勝利⇒500万下を勝った上で、オークストライアルを狙いたいところ。

そのためにはできれば年内にもう1戦して勝ち上がっておくと楽になりますので、できれば続戦してくれればうれしいです。

力的にはオークスには十分出走できる器だと思います。


尚、今週は牝馬路線でラルクという新星が登場。
こりゃ、無事でさえあればクラシック路線に乗ってくることは間違いないでしょう。
一応、この馬も指名候補ではあったんですけどねー。。。

ちょっと前までは牝馬は牡馬に比べて層が薄い印象がありましたが、揃ってきましたね。
アルテミスSに出たデンコウアンジュ、メジャーエンブレムもかなり強いと思いますし、ファンタジーSを叩いたブランボヌールも巻き返してくるでしょう。

そして牡馬ではサトノダイヤモンドがとんでもないパフォーマンスでデビュー戦で圧勝。
こちらもクラシックに乗るのは間違いないですね。

両方獲られてるよ。。。
困った、困った。

さて、来週は黄菊賞にレヴィンインパクトが出走します。
バティスティーニが一番の強敵かと思っていましたが、デイリー杯2歳Sにも登録してきたので、そっちに行ってくれるとラッキーです。

そしてアフェクテューズがいよいよデビュー戦を迎えます。
プール調教から卒業できなかった時にはどうなることかと思いましたが、何とか調教も形になってきました。
メンバーも薄そうなんで、ここは新馬勝ちのチャンス。

マツリダバッハがちょっとまずい負け方をした今、この2頭への期待は大きいですが、果たしてどうなることやら。

スポンサードリンク


[ 2015/11/09 17:46 ] MY POG馬 2015-2016 | TB(0) | CM(0)

【POG馬近況】 ダノンシャルマン、ルフォールが新馬勝ち。



スポンサードリンク



先週はMy POG馬から3頭が出走。

ダノンシャルマンルフォールがデビュー戦で新馬勝ち、
マツリダバッハはきんもくせい特別に出走して5着でした。

ダノンシャルマンは普通に回ってきたらあっさり抜け出してしまった、という内容。
勝ち時計1分52秒9、上がり34.8とごくごく平凡な時計ですが、最後、抑えながらも11.2-11.2を出す辺りは今後が楽しみです。
次走が試金石でしょうが、レヴィンインパクトとともに牡馬クラシック戦線を期待。
次はシクラメンSのようですが、その前々週に東京スポ杯2歳S、前週に京都2歳Sがあるので、メンツはおそらく軽くなるでしょう。
確実に2勝目を挙げて来年へ向かいましょう。

ルフォールはデビュー前の評判を聞く限りでは「もしかして地雷か?」という不安も頭をよぎっていましたが、いざ走ってみればしっかり完勝。
さすが、ハービンジャー産駒でも重賞を勝った血統というだけはありますね。
こちらも時計的には特にインパクトはありませんが、この危なげない勝ち方は非凡なものがあると思います。
レース後の反動が大きく一旦放牧のようでちょっと残念ですが、さらなる上積みが楽しみ。

一方、かなり残念だったのが、マツリダバッハ。
確勝を期してわざわざ福島での2戦目となりましたが、全く見せ場のない走りで8頭中5着。
後ろから行って直線でもキレなし、ということで、これが実力であれば今後もちょっと苦しそう。
まあこの血統はデビューから連戦連勝っていうタイプでもないんで、長い目で見るしかないですかね。

エイシンフラッシュもダノンムーンも、初勝利を挙げた後の500万下では3着に終わりながら、その次のレースでしっかり結果を出しているので、この馬も次走が注目じゃないでしょうか。

ということで、これでMy POG馬15頭のうち10頭がデビュー。そのうち6頭が勝ち上がってくれました。
未勝利の4頭の中でも、パーシーズベスト、リボンフラワー、トウショウジャイロ辺りは十分勝ち上がれそうな走りは見せてくれていますし、ここまではまずまずかな、と。


先週出走した3頭以外では、
シンハライトがファンタジーS辺りを目指していたものの、前走後のムクミが取れ切れずに一旦放牧へ。
疲れによる一時的なもので大事には至らなさそうですが、この馬は阪神JFを獲るチャンスがあると思っていたんで結構痛い。
こうなると、ジェンティルドンナと同じシンザン記念コースかな。。。

メジェルダは、今週末のファンタジーSを予定。
函館2歳S勝ちのブランボヌール、新馬戦でシルバーステートに土をつけたアドマイヤリード、もみじS圧勝のメイショウスイヅキ、新馬戦の勝ちっぷりが出色だったワントゥワン、キャンディバローズなど、例年に比べても強敵が揃った印象。
この相手で勝負するなら逃げるしかないでしょうね。
昆氏のコメントからも1,400mが限界のように感じている節もあるので、それならそれで思い切って逃げてほしいところ。

レヴィンインパクトは未勝利戦勝利後も順調で次走に黄菊賞を予定。
バティスティーニなどの強敵が出てきそうですが、この馬の2戦のパフォーマンスはかなり高いレベルだと思うので、ここでも好勝負できると思います。ここを勝てばクラシックが現実味を帯びてきます。

パーシーズベストは今週末の未勝利戦に出走予定。
強敵とぶつかりそうですが、この馬はそれよりもとにかくスタートからの二の足が大きな課題。
仮に勝っても前走と同じ出遅れを繰り返していては、さすがに上では戦えません。
後ろの方でいいんで、置いて行かれないレベルまで改善してくれれば。。。そうなれば自然と結果はついてくるでしょう。

リボンフラワーも放牧から帰ってきているので、近いうちに2戦目を迎えられるんじゃないでしょうか。
デビュー戦は十分見せ場があったので、年内に勝ち上がっておきたいですね。

トウショウジャイロは何だか人災感が満載。。。
使うべき時に使えば勝ち上がりは十分できると思うんですが、何だかよくわからない間に調子落ちしてしまったみたいです。

未出走馬の中ではケイブルグラムのデビューが迫っています。
調教だけ見れば地雷感が漂っていますが、本番に行って変わってくれますように。


とりあえず、POG指名馬の近況はこんなところです。


スポンサードリンク


[ 2015/11/05 11:29 ] MY POG馬 2015-2016 | TB(0) | CM(0)

My POG馬 怒涛の6頭出しの勝負週は微妙な結果。



スポンサードリンク



今週はPOG指名馬が怒涛の6頭出走。

結果は、、、

レヴィンインパクト:
京都芝1,800m未勝利 1着
シンハライト:
京都芝1,600m新馬 1着
リボンフラワー:
京都芝1,600m新馬 3着
フィールドシャルム:
京都芝1,400m新馬 5着
パーシーズベスト:
京都芝1,800m新馬 2着
メジェルダ:
りんどう賞(500万下) 2着

1着x2、2着x2、3着x1、5着x1と、着順だけ見れば悪くないんですが、メジェルダパーシーズベストは、勝っておきたかったところで、痛い敗戦になりました。

特にメジェルダは厳しい結果。
牝馬にとってPOG的に大きなポイントとなる「1,400mをこなせるか」の試金石となる初の1,400m戦だったわけですが、マイペースで逃げながら最後の最後でハナ差でウインミレーユに差し切られました。
ウインミレーユも新馬戦圧勝、新潟2歳Sでは4番人気を集めたほどの馬なので、負け自体はまあ仕方ないとしても、メジェルダ自身のラップが最後の2Fで11.0から11.6と一気に落ちたのは苦しいですね。

展開とメンバーに恵まれた中でこの結果では、今後の逃げ戦法での1,400mは厳しそう。
逃げるなら意地でも勝ち切ってほしかったですし、今後のことを考えるなら逃げ以外のレースを試してほしかったところでしたが、
POG的に考えると、もったいない1戦になってしまいました。

勝っていたら次走はファンタジーSだったでしょうが、こうなってしまうと陣営がどう判断するか。
POG的にはまだ1,200mに戻してほしくはないですが。。。


一方、パーシーズベストは最後の直線で一気に追い上げて届かずの2着。
序盤の行き足のなさは泣きなくなるレベルでしたが、最後に何とか形にしてくれました。

相手関係が相当軽かったので新馬勝ちの絶好のチャンスでしたが、あまりに想定外の行き足のなさとエンジンのかかりの遅さ。。。

まあこの辺は使う中で改善はされるでしょうし距離延長でもある程度はカバーできるでしょうから、次走で勝ち上がれる可能性は高いかと。
ただ、これだけ不器用だと、桜花賞路線はナシですかね。(次走で変わり身を見せれば別ですが)


フィールドシャルムの5着は案外でした。
まあ、デビューから6着、4着、3着、4着なので、こんなもんといえばこんなもんでしょうが、僅差の2番人気でしたからね。。。
勝ち馬と2着馬がどちらも前走6着ですから相当レベルの低いメンバーだったと思いますが、この馬は相手なりに走るタイプなんですかね。
今後もコツコツ掲示板に載って稼いでくれれば、と。


そしてここからは指名馬が勝ってくれたレース。
シンハライトリボンフラワーが出走したマイル戦は、シンハライトが快勝、リボンフラワーは3着。

シンハライトはオウケンビリーヴとの競り合いを制し、最後は突き放す横綱相撲。
勝ち方に派手さはありませんでしたが、まだまだ余裕がありそうでしたし上でも期待できるかと。
ある程度余裕を残しながら最後の2Fは11.4-11.0で上がってますし、初戦としては上々と言っていいんじゃないでしょうか。

リボンフラワーは上位2頭には突き放されたものの、最後の最後に出色の脚を見せて3着。
内回りという影響もあったのか、道中もややスムーズさを欠いた印象。

まあ、もともと熱発で一頓挫あって、以前の状態には戻っていない、、という陣営の評価でしたし、その中でも確かな末脚を見せてくれたので、勝ち上がりは遠くないと思います。
パーシーズベストよりは反応も良さそうなので、こっちは何とか桜花賞を目指してほしいですね。


最後にレヴィンインパクト
デビュー戦に引き続き2頭で抜け出す形となりましたが、今回はゼンノタヂカラオをねじ伏せて快勝。
阪神での新馬戦では上がり33.4という強烈な末脚を見せましたが、今回も京都で勝ち時計1.47.8、上がり33.9と好パフォーマンスを見せてくれました。
この感じなら、重賞でもそこそこ勝負できるんじゃないかと。


ということで、POG的にはメジェルダの敗戦がかなり痛かったですが、勝ったレヴィンインパクト、シンハライトはもちろん、リボンフラワー、パーシーズベストも能力の一端は見せてくれたので、先々楽しみです。


スポンサードリンク


[ 2015/10/13 00:15 ] MY POG馬 2015-2016 | TB(0) | CM(0)

マツリダバッハ、意外なデビュー勝ち。



スポンサードリンク



また前回の更新から随分間が空いてしまいました。。。

先週は今年のPOG指名馬の中で5番目のデビューとなったマツリダバッハがデビュー。
調教ももう一つでしたし、陣営のコメント的に仕上がりもまだまだという印象だったんで、さすがに初戦からは厳しいかな、と思いきや意外な新馬勝ちを飾ってくれました。

内ですっと折り合って、直線抜け出すというセンス抜群のレースぶり。
タイム的には遅いですが、12:2-11:8-11:6と加速したラストをしっかり差し切ったのはいいですね。

そもそもムーンレディの仔での新馬勝ちは初めてですからデビュー戦からこの走りができたのは価値があると思います。
ダービーを獲ったエイシンフラッシュでさえデビュー戦6着ですし、4勝を挙げている全兄・ダノンムーンも3着でしたから。

エイシンフラッシュにしてもダノンムーンにしても古馬になるまでしっかり成長して活躍しているので、マツリダバッハもこれからどんどん強くなってくれると思います。


そして、今週は自分の指名馬から大挙5頭の出走になりそうです。
個人的には序盤戦の一つの山場となる週かも。

まずは、メジェルダがりんどう賞へ。
函館2歳Sでははっきり重馬場が合わないことを露呈したので、京都開幕週の1,400mは理想的な条件でしょう。
逆にここで負けると、この先がかなり厳しいかと。

未勝利戦で負かした相手が、
2着:ブルーオリエント⇒次走3着(1着ダノンオリエント、2着スウィーティー)
3着:クロコスミア⇒勝ち上がり
4着:ボーダレス⇒既に2勝でオープン入り
5着:マダムクレアシオン⇒勝ち上がり
6着:スウィーティー⇒その後、4着、2着、3着
ですから、1勝馬の中では決して引けは取らないはず。

ここはきっちり勝っておきたい1戦です。

そして、新馬戦で2着に敗れるも力を見せてくれたレヴィンインパクトが2戦目へ。
新馬戦は相手が悪すぎましたね。。。
スマートオーディンは相当強いでしょ。

レヴィンインパクトも上がり33.4の末脚を繰り出して3着には2馬身つけているんで、未勝利戦なら確勝級かと。

その2頭に加えて、今週は指名した期待の牝馬3頭がデビューします。

京都のマイル戦では、シンハライトリボンフラワーが直接対決。
ドラ1・シンハライトは今日の調教に池添騎手が自ら乗るくらいの力の入れようで、当然走ってくれないと困るわけですが、リボンフラワーもここにきて調教タイムがグンと上向いており、結構好勝負になるんじゃないかと思ってます。

リボンフラワーだってダノンプラチナの全妹ですからね。

2頭とも勝てないようなことがあると、かなりへこむ。。。

そしてもう1頭がシンハライトの僚馬・パーシーズベスト
昨日の追切りではシンハライトに後れを取っていますがタイムは悪くありませんし、相手は騎手騎乗なので、あまり心配いらないかな、と。
幸いにもこちらの1.800m戦は少数頭で目ぼしい相手もいなさそうなので、勝てる確率は高そうです。

ということで、結構真剣に「今週は4勝できるんじゃないか」と思っているわけですが、一体どうなることやら。。。


スポンサードリンク


[ 2015/10/08 00:58 ] MY POG馬 2015-2016 | TB(0) | CM(0)

トウショウジャイロ、メジェルダともにデビュー戦飾れず。



スポンサードリンク



これまで2頭デビューしましたが、ともに新馬勝ちならず。

トウショウジャイロは大きな出遅れが致命傷に。
続戦していたら確勝だったでしょうが、なぜか放牧に。
まあ単なる速攻要員ではなく3歳戦まで見据えたい馬と陣営が判断したのだと思っておきます。

メジェルダはブランボヌールとの追い比べに敗れて2着。
もう少し距離があれば差し返していたくらいの勢いでしたし、3着は3馬身離しているので問題ないでしょう。
もともとは函館2歳Sが目標だったはずですが、もっと距離があってもよさそうなので無理に函館2歳Sに合わせなくてもいいと思います。

次にデビューしそうなのはフィールドシャルムですが、陣営は函館2歳Sを意識しているようで。
となると、来週辺りにはデビューしてくるかもしれません。
この馬はマイルまではいけると勝手に思っているので、かつてのフィフスペトルのように、
函館2歳S⇒京王杯2歳S⇒朝日杯FSという路線を描ければ最高ですね。


スポンサードリンク


[ 2015/06/30 23:38 ] MY POG馬 2015-2016 | TB(0) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。