POGの星 2015-2016 HOME > カテゴリー [POGドラフト結果 2012-2013 ]

スポンサーサイト



スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

POG2012-2013 指名理由(その4)



スポンサードリンク



7位:サトノユニコーン 牡 橋口厩舎
(父ディープインパクト 母シャイアーズエンデ)

母シャイアーズエンデはアメリカの重賞戦線で活躍した馬。
半兄に毎日杯3着のミダースタッチ。

今年はアメリカで活躍した馬の仔を何頭か獲っていますが、
ジェンティルドンナの母ドナブリーニもそうですし、
ディープ産駒の活躍パターンに当てはまります。

1年目、2年目と大活躍しているディープ産駒ですが、
印象として、馴染みのある有力牝馬の仔より、
これまであまり繁殖実績のない海外馬の仔の台頭が目立ちます。

現3歳世代のディープ産駒でも、ベタベタな有力牝馬の仔といえば、
ジョワドヴィーヴル、トーセンホマレボシ、ヒストリカル辺りがいますが、
それ以外の多くの活躍馬の母は、繁殖実績の少ないややマイナー血統。

アメリカの重賞で活躍するようなパワータイプの母が合うのでしょうね。

サトノユニコーンの母シャイアーズエンデはまさにそれに合致します。
そしてサトノユニコーン自身もいい筋肉のつき方をしています。

あとは、橋口厩舎の"サトノ"というラインもかなり珍しいですね。
庭先取引ですし、最近、藤沢厩舎であまり結果が出ていませんから、
ちょっと矛先を変えてきたんじゃないかな、という気もします。

面白い1頭だと思います。


8位:トルストイ 牡 音無厩舎
(父ディープインパクト 母グレースアドマイヤ)

リンカーン、ヴィクトリーといった活躍馬を出したのも今は昔。
最近のグレースアドマイヤは、人気先行の「期待外れ」繁殖牝馬の
代名詞になりつつあります。

全兄・シェイクスピアも、2戦目で予後不良になってしまいました。

で、今年のトルストイですが、いくつか好材料があります。
・厩舎がゆかりの音無厩舎に戻った。
・音無師からの評価が高い。
・明らかにシェイクスピアより馬体がいい。
・明らかにシェイクスピアよりでかい。

2006年産のタクティクスは大竹厩舎、2009年産のシェイクスピアは
角居厩舎でした。
ここに来てリンカーン、ヴィクトリーを育てた音無厩舎に戻ったのは大きいです。
狙うなら今年じゃないでしょうか。

また、馬体は太いくらいですが、ディープ産駒は太いくらいの方がいいでしょう。
バランスはとてもいいように見えます。

ちょっと前までは1位でしか獲れないくらいの血統でしたが、
いいところまで人気も落ちていますし、一発狙いでの指名です。


スポンサードリンク


POG 2012-2013 指名理由(その3)



スポンサードリンク



5位:ファイアマーシャル 牝 国枝厩舎
(父ディープインパクト 母ブッシュファイヤー)

2頭目の牝馬です。
母はアメリカでG1を3勝。

ディープ産駒は早期デビューではあまり結果が出ていません。
去年のジェンティルドンナもヴィルシーナもデビューは遅めでした。

それでも、牝馬に関しては早めデビューの馬を狙うべきだと思います。
牡馬なら年内に1勝できればクラシックにも十分間に合いますが、
牝馬の場合は、年を明けると番組が一気に厳しくなります。

上に挙げた2頭のように牡馬相手にも勝ってしまうくらいの馬なら別ですが、
桜花賞へのローテーションを楽にするためにはできれば年内に2勝を挙げておきたい。

そうなると、やはり9月、10月くらいにはデビューしておきたい、というところ
でしょう。

そういう意味で、ファイアマーシャルは札幌デビューが見えていますし、
遅くなったとしても秋口にはデビューできそう。
そして何といっても、早期デビュー牝馬ならお任せの国枝厩舎。

昨年は早期デビューではありませんが、パララサルーが9月にデビューし、
3連勝で桜花賞へ出走させました。
牝馬の所属厩舎としてはかなり期待値の高い厩舎です。

馬体も肉付きがよく、現段階で450kg程度あるので、
早期デビューでそこそこ数を使っても大丈夫じゃないでしょうか。

国枝師からも「アパパネみたいに鍛えられる」とお墨付き。

大きいところまでは無理でも、丸ハズレはない馬だと思います。


6位:ローザズカレッジ 牡 池江厩舎
(父ディープインパクト 母ローザロバータ)

上にフライングアップル、モスカートローザ、ナイスミーチューと
ハズレを出しにくい血統です。

去年の全姉はまだ未勝利ですが、
調整がもう一つで延び延びになり結局2月デビューになってしまった
馬なので仕方ないかな、と。

それでもデビュー戦は上がり最速の34.0の脚を繰り出し、
ダイワマッジョーレにタイム差なしの2着に入り素質の片りんを見せました。

そして、もう1頭の全姉・モスカートローザも、
たびたび33秒台の末脚を繰り出し、2歳戦を賑わせた馬。

こういういい脚を持ちながら、活躍し切れなかったディープ牝馬といえば、
ディープブリランテの全姉・ハブルバブルと重なります。

ディープブリランテ同様、牡馬に出た今年は弾けるかもしれません。

少なくとも、ローザロバータと違って既に入厩が見えているくらい順調ですし、
この血統で順調であれば、未勝利というのは考えにくい。

あまり育成手腕を信用していない池江厩舎ではありますが、
これだけの血統の馬ならそう放置することもないでしょう。

適性は中距離なので、まず朝日杯FSを目指してほしいと思います。
まだ自分が唯一制したことのないG1レースでもあるので


スポンサードリンク


POG 2012-2013 指名理由(その2)



スポンサードリンク



3位:カレンバッドボーイ 牡 橋口厩舎
(父ディープインパクト 母ロレットチャペル)

ディープインパクト産駒の牡馬一番手はこの馬!

というわけではなく、
ラウンドワールドやカミノタサハラとか欲しかったんですが、
2位までに消えてしまいました。

で、結果的に一番手に来たのがこの馬。

といっても、この馬はかなりお気に入りです。

何といっても血統。
半姉のチャーチクワイアはネオユニ牝馬ながら
POG期間2勝を挙げました。
たかが2勝ですが、これはネオユニ牝馬にとっては大変なこと。

現3歳世代はネオユニ牝馬が51頭もいて、勝ち上がったのはたった6頭。
そのうち芝で勝ったのは3頭。、
そして2勝を挙げたのはチャーチクワイアただ1頭。

ネオユニ牝馬で、チャーチクワイアのように上がり33秒台の脚を
使うような馬は、そうはいません。
それだけ質の高い繁殖牝馬なのでしょう。

ディープ牡馬に変わった今年は覚醒の可能性十分だと思います。

ディープインパクト x フレンチデピュティの相性もいいですし、
馬体も480kg程度で適度な大きさですし、欲しかった1頭です。

しかし、これも上に目立った実績馬がいるわけでもないので、
もう少し下でも、、、とは思いましたが、欲しかったので上位にしました。


4位:コメットシーカー 牡 藤原厩舎
(父ディープインパクト 母ガヴィオラ)

メテオライトの半弟。
メテオライトはダートで2勝を挙げました。

兄がダート路線ということで嫌われている部分もあるかもしれませんが、
タキオン産駒は血統的な傾向はあまりあてにならないと思っていて、
弟もそうなりやすい、ということはないと思います。

今年もジェルミナルの全妹を指名したら、すぐダート路線へ行ってしまいましたし。

今年のコメットシーカーはやや小柄ですし、いかにも走りがやわらかそうで、
完全に芝向きに出たと思います。

Princequillo、Nasrullahが入っていてディープインパクトとの相性も良さそう。

メテオライトは昨年、ドラ1級の扱いを受けた馬ですが、
ディープに変わり、馬体もメテオライトよりはっきりいいように見えたので、
上位指名に十分値すると思いました。

クラシックとはいわなくても、中距離路線で活躍してくれれば。
不安はやっぱり、やや小柄なところですかね。


スポンサードリンク


POG2012-2013 指名理由(その1)



スポンサードリンク



1位:リヤンドファミユ 牡 池江厩舎
(父ステイゴールド 母オリエンタルアート)

今年はベタベタな1位指名にしました。

この馬が大活躍してPOGで優勝しても誰もほめてくれないでしょうし、
逆にハズレだったら、笑われても仕方なし。
それくらいの特別な血統の馬。

去年のダノンドリームの反省から、
今年のドラ1は「他の人に獲られて一番厄介な馬」という観点で選びました。

結果、やはり一番厄介なのはこの馬だと思いました。

これだけの血統にも拘わらず6000万円しかついていないとか、
体が小さく、デビューが遅くなる可能性が高いとか、
オルフェーヴル以上に気性に難がありそうだとか、
色々不安要素はあるわけですが、
それでもこの血統の馬がそこそこの時期にデビューしてしまうと、
クラシック戦線を一気に持っていかれる可能性があります。

リスクはあってもこの馬は1位で獲っておく価値があると思いました。
2人の競合になりましたが、無事じゃんけんで獲れました。

ただ、この馬が活躍したとしても、それだけで優勝してもつまらないので、
この馬抜きでも優勝できるくらいの賞金を2位以下で稼いでほしいと思います。


2位:ディオジェーヌ 牝 石坂厩舎
(父ディープインパクト 母フォーシンズ)

本当は2位で欲しかったのはランギロアでした。
というかハズレ1位のつもりでした。

直前にトーセンパワフルやラウンドワールドの評価が上がっていたので、
ハズレ1位でも行けるかな、という読みでしたが、
実際にはうまく2位まで残ってくれたものの、痛いじゃんけん負け。

ヴィルシーナは牝馬でありながら長距離でのパフォーマンスが優秀で、
葉牡丹賞を勝った時から、牡馬に変わる10年産駒の指名を狙っていました。

ということで、ハズレ2位以降ですが、
今年の方針として、ここから11位までディープ産駒を10頭並べました。

以前も書いたのですが、今年は馬選びが難しい年だと思っていて、
各種牡馬からピンポイントで当たりを引くのはなかなか大変という感触です。

なので、他の種牡馬の人気どころは切って、
一番確率の高いディープインパクトに絞って、良さそうな馬をなるべく確保して、
その中に何頭か当たりがいることを狙う作戦にしました。

順位付けは、獲りたい順というより人気を考慮しました。

で、2位のディオジェーヌ。

ジェンティルドンナと同じラインで馬体も良さげなので注目していましたが、
まだ上の実績もありませんし、体が小さいので、当初は中位くらいで獲れれば、
くらいに思っていました。

しかし、ネットで人気を見てみると何かやたらと注目されていたので、
予定を切り替えて、上位で獲りに行きました。

馬体が小さいのは、個人的にはかなりマイナスポイントなのですが、
それでも現時点で430kgありますし、
「飼い葉食いがいいので競馬を使っても凹まない」とのコメントもあるので、
行ってみました。

でも、まだ実績のない繁殖牝馬なので、5位くらいで行ければベストでしたが、
何かネットで見る限り1位で行っている人も結構いるみたいで。。。

スポンサードリンク


POG 2012-2013 指名馬



スポンサードリンク



更新が遅くなりましたが、6月1日に仲間内POGのドラフトがあり、
今期の自分の指名馬は下記の通りになりました。

1位:リヤンドファミユ 牡
(父ステイゴールド 母オリエンタルアート)

2位:ディオジェーヌ 牝
(父ディープインパクト 母フォーシンズ)

3位:カレンバッドボーイ 牡
(父ディープインパクト 母ロレットチャペル)

4位:コメットシーカー 牡
(父ディープインパクト 母ガヴィオラ)

5位:ファイアマーシャル 牝
(父ディープインパクト 母ブッシュファイヤー)

6位:ローザズカレッジ 牡
(父ディープインパクト 母ローザロバータ)

7位:サトノユニコーン 牡
(父ディープインパクト 母シャイアーズエンデ)

8位:トルストイ 牡
(父ディープインパクト 母グレースアドマイヤ)

9位:キズナ 牡
(父ディープインパクト 母キャットクイル)

10位:マジックストームの2010 
(父ディープインパクト 母マジックストーム)

11位:トーセンジャステス 牡
(父ディープインパクト 母データ)

12位:サトノプレシャス 牡
(父アグネスタキオン 母ハニーローズ)

13位:ファミーユ 牡
(父チチカステナンゴ 母キストゥヘヴン)

14位:ダイワレーヌ 牝
(父チチカステナンゴ 母ダイワスカーレット)

15位:ルミアージュ 牝
(父ハーツクライ 母ラタフィア)


今年は牡馬10頭、牝馬5頭のバランスになりました。
そして、15頭中10頭がディープインパクト産駒。

今年はディープに賭けてみました。

指名理由はまた順次書いていきます。


スポンサードリンク












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。