POGの星 2015-2016 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> POGドラフト結果 2012-2013 > POG2012-2013 指名理由(その6)

スポンサーサイト



スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

POG2012-2013 指名理由(その6)



スポンサードリンク



11位:トーセンジャステス 牡 厩舎未定
(父ディープインパクト 母データ)

去年指名したアーカイブの全弟。
アーカイブが3,100万だったのに対し、
セレクトセールで9,200万で競り落とされました。

アーカイブは1勝しかできませんでしたが、
後ろからの競馬ではコンスタントにいい末脚を使う馬で、
能力自体は見るものがあったと思います。

今年の産駒は既に535kgもある超巨漢で全く違うタイプに出ました。
でかいですが、ディープ産駒はでかい方がいいと思っているので。

未だに厩舎が不明など、指名しにくい要素もあるのですが、
去年のアーカイブはもっとやれてもいい馬だと思いますし、
もっと大型に出た今年、指名せずに活躍されると悔しいので、
指名しました。

この順位ならこれくらいの冒険をしてもいいかな、と。

ここまでがディープ産駒です。


12位:サトノプレシャス 牡 安田厩舎
(父アグネスタキオン 母ハニーローズ)

ラストクロップとなるタキオン産駒をここで1頭。
本当は牡馬ならレッドアリオンや牝馬ならスイートメドゥーサ辺りが
欲しかったですが、今年はディープ産駒の確保を優先しました。

その中で下位で獲れたのがこのサトノプレシャス。
母はアルゼンチンで短距離G1を獲った馬です。

半妹のサトノジョリーは、ダートで2勝を挙げ、
フィリーズレビュー、スイートピーSでも5着に入りました。

芝でもダートでも、そして短距離でも中距離でも
それなりの結果を出してきたのは心強い。

今年はタキオンの牡馬になり、大型に出ましたが、
この馬はすごくバランスが良く見えます。

馬体的には短距離馬には見えませんが、
仮に短距離が主戦場になっても、安田厩舎の得意にするところでしょう。

結構確実性の高い1頭かと。

スポンサードリンク



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pogstar.blog.fc2.com/tb.php/888-0e5de65c












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。