POGの星 2015-2016 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> POGドラフト結果 2012-2013 > POG 2012-2013 指名理由(その2)

スポンサーサイト



スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

POG 2012-2013 指名理由(その2)



スポンサードリンク



3位:カレンバッドボーイ 牡 橋口厩舎
(父ディープインパクト 母ロレットチャペル)

ディープインパクト産駒の牡馬一番手はこの馬!

というわけではなく、
ラウンドワールドやカミノタサハラとか欲しかったんですが、
2位までに消えてしまいました。

で、結果的に一番手に来たのがこの馬。

といっても、この馬はかなりお気に入りです。

何といっても血統。
半姉のチャーチクワイアはネオユニ牝馬ながら
POG期間2勝を挙げました。
たかが2勝ですが、これはネオユニ牝馬にとっては大変なこと。

現3歳世代はネオユニ牝馬が51頭もいて、勝ち上がったのはたった6頭。
そのうち芝で勝ったのは3頭。、
そして2勝を挙げたのはチャーチクワイアただ1頭。

ネオユニ牝馬で、チャーチクワイアのように上がり33秒台の脚を
使うような馬は、そうはいません。
それだけ質の高い繁殖牝馬なのでしょう。

ディープ牡馬に変わった今年は覚醒の可能性十分だと思います。

ディープインパクト x フレンチデピュティの相性もいいですし、
馬体も480kg程度で適度な大きさですし、欲しかった1頭です。

しかし、これも上に目立った実績馬がいるわけでもないので、
もう少し下でも、、、とは思いましたが、欲しかったので上位にしました。


4位:コメットシーカー 牡 藤原厩舎
(父ディープインパクト 母ガヴィオラ)

メテオライトの半弟。
メテオライトはダートで2勝を挙げました。

兄がダート路線ということで嫌われている部分もあるかもしれませんが、
タキオン産駒は血統的な傾向はあまりあてにならないと思っていて、
弟もそうなりやすい、ということはないと思います。

今年もジェルミナルの全妹を指名したら、すぐダート路線へ行ってしまいましたし。

今年のコメットシーカーはやや小柄ですし、いかにも走りがやわらかそうで、
完全に芝向きに出たと思います。

Princequillo、Nasrullahが入っていてディープインパクトとの相性も良さそう。

メテオライトは昨年、ドラ1級の扱いを受けた馬ですが、
ディープに変わり、馬体もメテオライトよりはっきりいいように見えたので、
上位指名に十分値すると思いました。

クラシックとはいわなくても、中距離路線で活躍してくれれば。
不安はやっぱり、やや小柄なところですかね。


スポンサードリンク



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pogstar.blog.fc2.com/tb.php/884-bd041f78












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。