POGの星 2015-2016 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> POG指名馬回顧 2011-2012 > 早めのPOG指名馬回顧 ドラフト4位:アーカイブ

スポンサーサイト



スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

早めのPOG指名馬回顧 ドラフト4位:アーカイブ



スポンサードリンク



4位:アーカイブ
(ディープインパクト X データ)

この馬もシャンボールフィズ同様、
新馬戦圧勝後、鳴かず飛ばず。

まあ1勝してくれているので「丸はずれ」ということではないでしょうが、
この馬の能力が結局どうだったのかは判断が難しいところ。

この馬の負けパターンははっきりしていて、
「スタートから二の足がつかず、うまくレースの流れに乗れないまま、
直線だけいい脚で追い上げるも、全く届かない。」
というパターン。

直近は疲れも出てきたのか、末脚も出なくなりましたが、
弥生賞くらいまでは結構いい脚を使っていました。

まあ、道中全く競り合わずの末脚なので、素直に評価できる末脚かはわかりませんが、
導き方によっては、2勝くらいはできた馬なのかもしれません。


この馬に関しては、各媒体の評判と馬体の垢抜け方で指名しましたが、
初仔なので、いちかばちか的な要素は強かったかもしれません。

まあ、去年はやっぱり1年目の産駒の活躍ぶりと繁殖牝馬の充実ぶりから
ディープ産駒への人気はかなり高かったですから、この指名は仕方なかったかな。

今年も全弟がいて、9,200万という高評価で競り落とされています。
「トーセンジャステス」という名前らしいですが、
馬自体よりもまだ厩舎未定で情報が異常にないのが微妙ですね。

ちょっと指名は厳しいかな。

スポンサードリンク



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pogstar.blog.fc2.com/tb.php/867-33fe3270












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。