POGの星 2015-2016 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> POG指名馬回顧 2011-2012 > 早めのPOG指名馬回顧 ドラフト1位:ダノンドリーム

スポンサーサイト



スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

早めのPOG指名馬回顧 ドラフト1位:ダノンドリーム



スポンサードリンク



まだオークスもダービーも終わっていませんが、
今年は来期のドラフトが3週間くらい早まりそうなので、
そろそろ指名馬の回顧でもしていこうと思います。

1位:ダノンドリーム
(ディープインパクト X オールザウェイベイビー)

今週の未勝利戦に出走しますが、ここで勝っても負けても、
ドラ1としては物足りなさすぎる結果になりました。

ドラフト当時は入厩の声も聞こえていて、
上に朝日杯を獲ったゴスホークケン。

大当たりよりも確実性を重視してドラ1指名しましたが、
まさかの内出血で未勝利のままここまで来てしまいました。
順調だったら、、、と思わずにはいられませんが。。。

まあ、タラレバは誰にもわからんので、
「順調に行けば稼いでくれたさ」で終わらせてもいいのですが、
今振り返ると、今期の他の良血馬の活躍ぶりを見る限り、
早期入厩だったとしてもドラ1で獲るべきプロフィールではなかった
ようにも思います。

ディープ産駒は母系の良さを素直に出す傾向にあるので、
目立った近親がゴスホークケンしかいない中でのあの人気ぶりは
やや過剰だったか。

今日ダービートライアルを勝った2頭を見ても、
トーセンホマレボシはトーセンジョーダンの半弟、
スピルバーグはトーセンラーの全弟であり、
結局、そういう血統馬がしっかり結果を出しているんですよね。

そういう意味では、ダノンドリームのプロフィールは明らかに弱い。

指名するのは間違いではないとしても、
ドラ1でしか獲れないなら見送りが正解だったかもしれません。

こういう中当たり狙いのドラ1指名をして外れると、
何となくモヤモヤが残りますね。。。

来期のドラ1の選択は色々考えてみようと思います。

スポンサードリンク



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pogstar.blog.fc2.com/tb.php/860-57a3cf52












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。