POGの星 2015-2016 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> POGトピックス > 今年の皐月賞は回避馬続出。何が起こっているのか?

スポンサーサイト



スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今年の皐月賞は回避馬続出。何が起こっているのか?



スポンサードリンク



日曜日に皐月賞の登録馬が発表されましたが、
今年の特徴は、何といっても回避馬が多いこと。

賞金上位馬の中では、
アルフレード
ジャスタウェイ
ベストディール
ヒストリカル
クラレント
ダローネガ
アドマイヤブルー
マウントシャスタ
などが回避。

それによって500万勝ちレベル、収得賞金900万で出走が可能に。
これは近年にないボーダーの低さ。

今年、こういう事態が生じている要因の一つは、
やはり馬場の重さだと思います。

重馬場への適性もさることながら、若駒にはダメージが残りやすい
状況になっている感がありますね。

上に挙げた馬の中には、もちろん距離適性を考えた選択もあるわけですが、
例えばアルフレードは馬場に泣いたスプリングSの結果で、NHKマイルCへ方針転換。

毎日杯1,2着のヒストリカルマウントシャスタも「今の中山の馬場を走らせたくない」
意向が強いようですし。

アドマイヤブルーも、皐月賞で予想される重馬場を嫌った部分もあるでしょうし、
そもそも毎日杯で重馬場への適性のなさを露呈しました。

ベストディールも十分余裕のあるローテを組みながら調子を崩してしまいました。

皐月賞出走を予定している馬の中でもワールドエースのように、
どんどん馬体重を落としている馬もいます。

一生に一度しかチャンスのない3歳クラシックを回避する馬が続出するほどの馬場状態。
今年の3歳戦は、「重馬場をどうこなすか」というのが一つのポイントになりそうですね。


スポンサードリンク


[ 2012/04/04 10:00 ] POGトピックス | TB(0) | CM(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/04/05 12:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pogstar.blog.fc2.com/tb.php/850-3e019a7e












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。