POGの星 2015-2016 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 未分類 > 【チューリップ賞】2強がまさかの共倒れ。ハナズゴールが豪脚で一蹴!

スポンサーサイト



スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【チューリップ賞】2強がまさかの共倒れ。ハナズゴールが豪脚で一蹴!



スポンサードリンク



ジョワドヴィーヴルvsジェンティルドンナの2強対決に注目が集まった
("ジョワドヴィーヴル1強"という前評判もありましたが)
チューリップ賞は、伏兵・ハナズゴールが大外一気で圧勝。

2着には小倉2歳S覇者のエピセアロームが入線、
2強はまさかの3着、4着に終わりました。

<レース結果>
1着:ハナズゴール
2着:エピセアローム
3着:ジョワドヴィーヴル
4着:ジェンティルドンナ
5着:スピークソフトリー

いやー、まさかの結果ですね。
さすがに、2頭両方こけるとはほとんど誰も予想しなかったんじゃないでしょうか。

ジェンティルドンナは、展開と騎乗に尽きるでしょう。
心配していた通り、内に包まれて脚を余した4着。

五分のスタートは切りましたが、すぐにポジションを下げ、
道中はジョワドヴィーヴルをマークするような位置取り。

そのまま後方から直線に入るも前が開かず、
一旦外へ動いた後行き場がなく、再び内を突いて追い上げるも、
2,3着馬にも届かず。

もう少しうまく立ち回れば2着はあったように見えましたし、
今回の結果だけ見れば、何ともフラストレーションの溜まる一戦でした。

ただ、今回は岩田騎手との初コンビだったこともあり、
試したいこともあったようなので、本番に向けては良いトライアルに
なったのではないでしょうか。

レース後の岩田騎手コメント。
「道中の折り合いも気になりませんでしたし、能力のある馬です。
今日は、どんな脚を使うのか見たかったのですが、
熱発明けでも最後は詰めて来ています。次はもっと反応が良くなるでしょう」

さすがに本番で今回と同じような騎乗はしないでしょう。
今回の結果は残念でしたが、本番に期待を抱かせてくれる内容だったと思います。


一方で、むしろ驚いたのはジョワドヴィーヴルの3着。
明確な敗因が見当たらない"凡走"になりました。

通った馬場が悪かった、という言い訳はあるかもしれませんが、
並んだエピセアロームには競り負け、同じような位置を通ったジェンティルドンナ
にも差を詰められました。

少なくとも、少々の調子や馬場など関係ないくらい圧倒的な力を持っている
怪物ではなかった、ということですね。

阪神JFの回顧で以前ちょっと書いたのですが、
前走の阪神JFは、他の馬が軒並み掛かる中、この馬だけがマイペースで
力を溜める展開で、ちょっとうまく行きすぎ、という感じはしていました。

しかし、あの差を見れば、さすがにここで連対を外す、とまでは思いませんでした。

若駒はわかりませんね。
桜花賞は全くわからなくなった、と言っていいのではないでしょうか。


勝ったハナズゴールは、通った馬場が違うとはいえ、ドスローの展開を
豪快にぶっこ抜いた力は本物。
桜花賞の新たな主役候補に名乗りを挙げましたね。


「ジョワドヴィーヴルで決まり」ムードだった牝馬クラシック戦線が一転、大混戦。
最後に笑うのはジェンティルドンナでありますように。


スポンサードリンク


[ 2012/03/04 21:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pogstar.blog.fc2.com/tb.php/830-fa6a8675












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。