POGの星 2015-2016 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> POGトピックス > ゴールドシップが共同通信杯へ。ディープブリランテと激突。

スポンサーサイト



スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゴールドシップが共同通信杯へ。ディープブリランテと激突。



スポンサードリンク



来週、ディープブリランテが出走する共同通信杯に
ゴールドシップが参戦を表明。

ディープブリランテを警戒してか、これまで他に出走を表明しているのが
ジャングルクルーズくらいで、「こりゃ、ただもらいかな」なんて思ってたら、
強敵が出てきました。

それにしてもゴールドシップは本当に指名者孝行な馬ですね。
以前、POG前半戦のMVPにこの馬を挙げましたが、
(→POG前半戦回顧)
皐月賞トライアル前にさらにもう1走してくるとは。。。
(それがローテーション的にいいかは別として。)

しかも、出走理由が、、、
「前走後(ラジオNIKKEI杯2着)は栗東で調整を続けていましたが、
具合がすごくいいみたい。弥生賞だと時間がありすぎるので、
来週使うことにしました」

さっさと仕上がって余裕があるから、少し早めに1走、ですか。
なんて指名者孝行の馬なんだ。。。


と、この馬の孝行ぶりはこのくらいにして、
札幌2歳SもラジオNIKKEI2歳Sもともに2着どまりで、
地味なイメージがあるかもしれませんが、かなり強いと見ています。

ラジオNIKKEI杯2歳Sは、勝ち時計が2分2秒4と、
当日同条件の古馬・1,600万条件の2分3秒8より1秒4も速い時計。
馬場が悪い条件下、レベルの高いレースになりました。

1着のアダムスピークには0.2秒離されましたが、
とにかくゴールドシップは出遅れ癖がかなりひどいので、
スタートを抜きにして走りだけを比べれば、
勝ち馬と同等か、もしかするとそれ以上の走りをしています。

世代トップクラスの能力があるのは間違いないところでしょう。

ただ、オメガホームランが骨折したから書くわけではありませんが、
札幌2歳S→ラジオNIKKEI杯2歳Sと、王道を進んできた馬が、
ここで急きょ共同通信杯、というのがゴールドシップにとってどう出るか。

これで、皐月賞トライアルにも出ることになると間隔が短くなりますし、
共同通信杯からぶっつけでは、過去のデータ的に皐月賞での好走は難しいですし。

馬主さんの意向だそうですが、皐月賞本番を考えると、
ローテーション的には、他の馬より厳しい条件での出走となります。


どちらにしても、共同通信杯へのゴールドシップの参戦は、
ディープブリランテにとって、3歳牡馬頂点への大きな壁。
ここを問題にしないようであれば、いよいよクラシック制覇も見えてきます。

この馬も相当調子がいいようなので、何とか勝ってほしいですね。


スポンサードリンク


[ 2012/02/02 11:08 ] POGトピックス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pogstar.blog.fc2.com/tb.php/808-896635ac












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。