POGの星 2015-2016 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 未分類 > 【阪神JF】ジョワドヴィーヴル強すぎる。POG牝馬路線はもう決まり?

スポンサーサイト



スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【阪神JF】ジョワドヴィーヴル強すぎる。POG牝馬路線はもう決まり?



スポンサードリンク



日曜日の今季POG初のG1レース・阪神JF。
ジョワドヴィーヴルの圧勝でしたね。

<レース結果>
1着:ジョワドヴィーヴル
2着:アイムユアーズ    21/2
3着:サウンドオブハート  ハナ
4着:イチオクノホシ    1/2
5着:アンチュラス     クビ
-------------------------------------------
12着:アナスタシアブルー

まあ、勝ったジョワドヴィーヴルだけが目立ったレースでした。
今後のPOG牝馬クラシック戦線(桜花賞、オークス)はもうほぼ決まり、
と言わざるを得ないくらいの圧勝。

やっぱりかー。。。
キャリア1戦で418kgの軽量馬。
この超良血馬がここで圧勝なんてことになると牝馬戦線がつまらなくなるので、
何とかこの馬だけには勝たないでほしかったですが、血の力はすごかった。

しかし、昨年のレーヴディソールといい、ここまで圧倒的な母系の力が
出てきてしまうと、POGというゲームが面白くなくなるなー。。。

ジョワドヴィーヴルがこのままクラシックも総なめすることになれば、
来年からは「ビワハイジ、レーヴドスカーの仔を獲った者勝ち」的になる
恐れが。。。
1位競合でのジャンケンですべて決まるみたいな。

だってこの2頭の産駒の昨今の戦績は、
当たれば場外ホームラン、外れても2塁打みたいな血統ですからね。

今からそんな今後の心配をしなきゃいけないくらいインパクトのある圧勝でした。


今年の残りのPOG戦線、そして今後のPOGを楽しむためにも、
何とかジョワドヴィーヴルの独壇場になるのは阻止してほしいところ。
でも、この馬を負かす牝馬はそうは出てこないでしょうね。
うーむ。。。

強いて今後の心配点を挙げればやはり馬格と距離でしょうか。

418kgという馬体重は競走馬としては相当な軽量。
姉・ブエナビスタの阪神JFが450kgでしたので、その小ささがわかります。

その分まだ成長の上積みがジョワドヴィーヴルの方が大きい、とも
言えるでしょうが、もともとディープの血を受け継いでいて小さい馬では
あると思います。

馬群に揉まれた時に、どうなるか。
今後も大外一気の競馬に徹してはくるでしょうが、内目の枠に入った時に
馬群を避けられないことも出てくると思います。
むしろ、馬ごみに抑え込むしか他陣営としても手がないのでしょうし、
包みに行くような騎乗もしてくるかもしれません。

あとは、距離ですね。
ディープ産駒は昨年を見る限り、意外と距離に限界を見せています。
桜花賞を勝ったマルセリーナも、オークス、秋華賞では完敗。
今年のダービーでもディープ産駒はトーセンレーヴの9着が最高。

ジョワドヴィーヴルも、同距離の桜花賞はかなり勝つ可能性が高いですが、
オークスならわからないかもしれません。

まあ、今回はどう転んでもジョワドヴィーヴルが勝ったでしょうが、
他の馬が軒並み掛かり気味に行ってしまい、前半で体力を消耗してしまった
のもこれだけの差がついた一因でしょうし、今回の差が来年はもう少し
詰まってくる可能性もあります。

とにかく、ジョワドヴィーヴルの賞金総なめを阻止する馬に出てきてほしいものです。



スポンサードリンク


[ 2011/12/13 13:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pogstar.blog.fc2.com/tb.php/767-4fc5d1d0












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。