POGの星 2015-2016 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> POGトピックス > アドマイヤムーン産駒の活躍が光るPOG前半戦。

スポンサーサイト



スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アドマイヤムーン産駒の活躍が光るPOG前半戦。



スポンサードリンク



さて、今週末で11月も終わり、いよいよ年末の2歳G1の季節を迎えます。

ここまでのPOG前半戦を振り返ってみると、
種牡馬別の獲得賞金では、
1位:ダイワメジャー   34,105万円
2位:ディープインパクト 28,220万円
3位:アグネスタキオン  22,615万円
4位:シンボリクリスエス 22,435万円
5位:アドマイヤムーン  20,435万円



と、新種牡馬ダイワメジャー産駒の成績が、ディープインパクト産駒を
上回る健闘を見せ、トップを走っています。
野路菊S勝ち、デイリー杯2歳Sでも2着に入ったダローネガ
小倉2歳S勝ちのエピセアローム、赤松賞を制したトーセンベニザクラなど、
堅実な走りが光ります。

また、2年目を迎えたディープインパクト産駒もここに来て急上昇。
東京スポーツ杯2歳S勝ちのディープブリランテ、いちょうS勝ちのアーデントなどに加え、
新馬戦を圧勝したジョワドヴィーヴル、アーカイブなど、一気に有力馬が揃ってきました。

このダイワメジャーとディープインパクトが2歳のリーディングサイヤーを
争い、3位以下に水を開けている様相ですが、
実は、本当の意味で活躍が光っているのが、5位のアドマイヤムーン産駒

デビューした馬の頭数で見ると、
ダイワメジャーが74頭、ディープインパクトが64頭に対し、
アドマイヤムーン産駒は、それらのほぼ半分の35頭。

その中から、京王杯2歳S勝ちのレオアクティブ、函館2歳S勝ちのファインチョイス
の重賞ウィナー2頭に加え、さらにレベルの高かった萩Sを勝ったスノードン
輩出しています。
新馬戦を快勝したアルキメデスなど、先が楽しみな馬も。

出走馬1頭あたりの賞金は種牡馬別ではただいまトップ。

全般的にマイルまでの距離での活躍が目立つので、
クラシック戦線としてはどうかわかりませんが、
決して繁殖牝馬的に恵まれていると言えない中でのこの活躍。

ちょっと来年のPOGでは、気をつけなければいけない産駒になりそうです。


スポンサードリンク


[ 2011/11/26 14:59 ] POGトピックス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pogstar.blog.fc2.com/tb.php/754-f6a5aec0












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。