POGの星 2015-2016 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> ̾��̤����_1 > POG指名理由 3位:キミニアエタキセキ の前に。。。

スポンサーサイト



スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

POG指名理由 3位:キミニアエタキセキ の前に。。。



スポンサードリンク



3位:キミニアエタキセキ

(牝 父サクラバクシンオー 母テンシノキセキ)


この馬の話の前に、POGにおける牝馬について。


去年は牝馬を厚めに獲りましたが、

牝馬路線の難しさを実感した1年でした。


3冠を達成したアパパネは、もともと短距離路線と

思われていた馬。


一方、クラシック路線の本格派として指名した

ヴィクトリーマーチやラフォルジュルネは、

クラシック路線に乗れるだけの十分な素質は示したものの、

デビューが遅めだったことも響き、クラシックに乗れず。


後半戦から台頭したサンテミリオンやオウケンサクラなんかも

いますが、そんな馬を見抜ける眼が自分にあるはずもなく。。


何だかんだで、ヴィクトワールピサ、トゥザグローリー、

ルーラーシップ、レーヴドリアンといったベタな良血どころが

クラシック路線に乗った牡馬路線に比べ、

牝馬はベタな人気馬がほぼ総崩れでした。


牝馬の何が難しいかというと、

やはり牝馬は秋以降、混合戦ではどうしても不利なので、

賞金を加算する番組が限られてくることです。

番組が限られるので、取りこぼしが許されなくなると。


若い馬はある程度能力があっても、

どのレースでそれが開花するかはわからないわけですが、

牝馬にはローテーションの組み方により、

そのチャンスの芽が摘まれてしまう可能性が牡馬より

非常に高いのだろう、と。


2歳戦でも然り。

あのブエナビスタでさえ、阪神JFは抽選出走でした。

牡馬なら、朝日杯とラジオNIKKEI杯の2つの選択肢があり、

ローテーションの幅も広がるのですが。


ということで、

牝馬は、「がっつり大物」よりも、

「短距離からマイルで早くから稼げそうな馬」を押さえることが

より重要、ということで、

*ホーマンフリップ

*キミニアエタキセキ

の2頭を牝馬最上位に配置しました。


ま、今年は一昨年のブエナビスタほど手ごたえのある

馬がいなかった、ということもありますが。


ホーマンフリップを獲られた分、キミニアエタキセキには

期待したいと思います。

そして、ホーマンフリップが走らないことにも期待。。 叫び


えらく長くなったので、指名理由は次の記事にて。。。


競馬ブログランキング (ブログの殿堂)


<POG情報>


にほんブログ村 トラコミュ POG2010-2011へ
POG2010-2011

にほんブログ村 トラコミュ POG2011めざせダービーの勢力図完全把握へ
POG2011めざせダービーの勢力図完全把握


にほんブログ村 トラコミュ ディープインパクト産駒-POG情報へ
ディープインパクト産駒-POG情報




スポンサードリンク


[ 2010/06/23 15:30 ] ̾��̤����_1 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pogstar.blog.fc2.com/tb.php/550-1d7b3c3f












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。