POGの星 2015-2016 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> MY POG馬 2015-2016 > 【POG馬結果】 期待の牡馬総崩れ。今年も牝馬頼みか。。。

スポンサーサイト



スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【POG馬結果】 期待の牡馬総崩れ。今年も牝馬頼みか。。。



スポンサードリンク



先週は個人的な牡馬の勝負週だったんですが、
見事なまでの総崩れでした。。。

【葉牡丹賞】
レヴィンインパクト 1番人気7着
マツリダバッハ   5番人気4着

【シクラメン賞】
ダノンシャルマン  1番人気3着

【その他】
リボンフラワー   未勝利戦1着
コアコンピタンス  新馬戦4着

葉牡丹賞はレヴィンインパクトが1番人気を集めました。
これまでの3戦のパフォーマンスから、当然勝ち負けが期待されたのですが、まさかの7着と惨敗。
うーん、、、前走同様、進路に泣きましたね。外から被せられて完全に行き場を失ってしまいました。本当に強い馬なら他馬を弾き飛ばしてでも差してきたかもしれませんが、現時点ではこの馬にそこまで期待するのは酷でしょう。

鞍上も「もっと外に出したかった」と言っていますが、この馬に末脚があるのはもう十分わかってるわけなので、前走といい今回といい、外にさえ出て直線勝負できれば、もう少しやれたと思うんですけどね。
あと、今回は他馬との兼ね合いで中山に遠征させたのも痛かった印象。中山、明らかに合ってません。
広い外回りコースで出直さなきゃダメですね。

マツリダバッハは、最後追い込むも4着止まり。
「もう少し早めに出しても良かったが、先のことを考えるとね。今日のようなレースをして競馬を覚えてくれれば、もっとよくなってくれると思う」という蛯名騎手のコメントがまさにその通りですね。
最後の脚色を見る限りは、早く追い出せばもっと際どかったでしょうが、ぎりぎりまで我慢させた、ということでしょう。
少なくとも、蛯名騎手に戻って、前走の全く見どころのなかったきんもくせい特別5着から、再びパフォーマンスを上げてきました。これは大きな収穫。
今日の走りを見る限り、この馬は中山でもやれそうなので、次走は京成杯なんてどうでしょうか。

そしてシクラメン賞は、こちらも1番人気を集めたダノンシャルマンが最後競り負けて3着。
こういう競り合いの経験は今後にとってプラスでしょうが、このレースの勝ち負けという観点からは騎乗ミスの感が強いですね。。。
この馬にこういう、よーい、どん!の末脚勝負をさせては勝てっこありません。

そもそも、圧勝した新馬戦も上がりは他馬より遅いですし、兄・ダノンバラードだって速い上がりなんてほとんど出したことのないわけで。。。
川田騎手も「上がり勝負にさせ過ぎた」と言ってますけど、このメンツなら確実に勝っておきたかっただけに痛い敗戦。
まあ、さすがに今回のような少頭数の超スローになることはもうないでしょうし、次走は早めの抜け出しを意識してくれれば同じことにはならないでしょうが。
次走はきさらぎ賞なんてどうでしょうか。

今週デビュー戦を迎えたコアコンピタンスはダート戦で4着。
まあ、デビュー前の情報から考えれば上々の内容かな、と思いますが、まずは調教代わりにダートで勝ち上がってもらって、なるべく早く芝を試してもらう、ということでしょうね。
さすがにこの血統で、ずっとダート路線とは持っていないでしょうし。

そして今週唯一の救いだったのがリボンフラワー
これまでの2戦は後ろから行って最後届かない、という展開でしたが、今回は積極的に前に行って、直線でも後続の追い上げをしのぎ切る新たな形で勝利。
パーシーズベストと同じような形で3戦目を迎えましたが、この馬は新境地を開いて勝ち上がってくれました。
抜け出してからはソラを使って後続に迫られた感じでしたが、もう一度エンジンをかけ直して抜かせない辺りは、着差以上の快勝だったかと。

この馬とパーシーズベストはオークス狙いかな、と思っていましたが、これなら桜花賞も視野に入れても面白いかもしれませんね。


ということで、リボンフラワーが一矢を報いてくれた今週でしたが、1番人気で出走した牡馬2頭が沈んだのは残念でした。
ただ、個人的には2戦とも、明らかな敗因のあるレースだったと思うので、マツリダバッハを含めた3頭はまだまだクラシックへのチャンスはあると思います。

ただ、クラシックの勝ち負けというレベルからはちょっと遠のいたかな。。。
今年のPOGも早くも牝馬頼みの様相が濃くなってきました。。。

スポンサードリンク


[ 2015/12/07 17:02 ] MY POG馬 2015-2016 | TB(0) | CM(1)

レヴィンインパクト

勝ち負けは別にして、2歳9月デビューですでに4戦消化。実力はあると思いますが厩舎の使い方はどうなんでしょう? 池江厩舎は少し躓くと使い方が迷走する印象。特に今年の池江厩舎は銀河系軍団と言われる程、良血揃い。今後も使い方は苦労するのではないでしょうか?


ダノンシャルマン

ヘイロークロスのあるディープインパクト産駒は小回り特性が強くなるが通説。実際全兄のダノンバラードが活躍したのは中山や阪神内回り。この時期の2歳500万阪神外回り1800はスローペースの瞬発力勝負になること必至。ダノンシャルマンの特性を考えれば、やはりレース選択が間違っているのでは。
[ 2015/12/09 23:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pogstar.blog.fc2.com/tb.php/1180-96127085












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。