POGの星 2015-2016 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 未分類 > POGドラフト指名馬のデビューをざざっと。⑥

スポンサーサイト



スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

POGドラフト指名馬のデビューをざざっと。⑥



スポンサードリンク



11位:レッドアルカナ
(父ディープインパクト 母シークレットジプシー)


10位までは既に兄弟に実績のある血統の馬を中心に獲ってきましたが
この辺からやや冒険的要素が濃くなっていきます。

母シークレットジプシーは米重賞3勝。
血統的にはヴィルシーナとよく似ており、さらにディープ x Storm Catということで、血統的に評判となっていた馬。

馬体の方は牝馬と思えないくらいがっちりしていて既に478kgということで、そういった部分はハープスターを彷彿とさせます。
ただ、パワー型すぎてダート系に出る可能性もあり、その辺は走ってみないとわからないのが懸念点。

足元の懸念もつきまとうかもしれませんが、現時点では秋デビュー予定とのことで順調そう。
ハズレのリスクもあるものの、当たると大きいと思うので、ここで指名しました。


12位:ムーンレディの2013
(父ディープインパクト 母ムーンレディ)


千葉サラブレッドセールで実に1億9,000万円の値がついた馬。
得てして、こういうやたらと高値のついた馬は「ハズレの可能性大」ということで避けられがちですが、この母ムーンレディに関しては血統の裏付けがあります。

言わずと知れたダービー馬・エイシンフラッシュはもちろんですが、
全兄となるダノンムーンも、7戦3勝で現役活躍中。
ディープインパクト産駒としてはこの馬が2頭目になります。

ダノンムーンは2戦目で勝ち上がった後にエリカ賞3着と、クラシックへ向けてこれからという時に故障。
その時の1着がヴィルシーナで0.2秒差、5着が後にきさらぎ賞2着、毎日杯1着のヒストリカルですから、この馬も順調なら重賞の一つくらい獲っていたかもしれません。

ムーンレディの子どもと言えば、カラータイマーなどこけた馬もいますが、これもレディバラード同様、体質的な弱さが大きな原因。
今年は奇しくも、千葉サラブレッドセールに出て負荷をかけた試走をしていますので、ここまでの順調さは証明済み。

ダノンムーンはデビュー戦が426kgと小さな馬でしたが、今年の産駒は馬格に恵まれましたし、指名するなら今年かな、と。
こちらも当たれば大きいと思います。


スポンサードリンク


[ 2015/06/09 16:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pogstar.blog.fc2.com/tb.php/1169-b590a65e












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。