POGの星 2015-2016 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> POG2014-2015 指名馬 > POG2014-2015の指名馬について簡単に。(その2)

スポンサーサイト



スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

POG2014-2015の指名馬について簡単に。(その2)



スポンサードリンク



続きです。

4位:フローレスダンサー(母ダンスインザムード)

今年の注目新種牡馬・ハービンジャーからこの馬。
ハービンジャーは重たい血統で日本向きではない、という見方が多いようですが、自分もこの産駒が活躍するかはかなり怪しいと思います。

ただ、今年の繁殖の付けられ方、牧場の評判、POG本の馬体なんか見てると、そこまで全く大外れということはないんじゃないかな、と。
重賞の一つ、あわよくばクラシック一つくらい勝ってもおかしくないんじゃないでしょうか。

とはいっても、全く未知数の新種牡馬なので、指名候補は絞りたい、ということで、とにかく繁殖牝馬としての汎用性の高いダンスインザムードをチョイス。

ファルブラヴをつけてもホワイトマズルをつけても結果を出してくれている母である上に、ハービンジャーの重い血統を補う軽いスピード血統が豊富。

ハービンジャー産駒の中では一番確率が高いと思ってます。

5位:レッドメアラス(母セイランクイーン)

計らずもレッドからもう1頭。
「レッド」+「ステイゴールド」+「須貝厩舎」というレッドリヴェールと同じラインで、
しかも、言わずと知れたメジロマックイーン配合。

須貝さんの「浅田真央ちゃんみたい」というコメントの信ぴょう性は微妙としても、おそらく評価はそれなりに高そう。

ここまでの過程も順調で早期デビューも可能、ということで、プロフィールとしてはレッドリヴェールとかなり近いものがあります。

上に活躍馬は出ていませんし、当たりの確率はとても高いとは言えませんが、ステイゴールド産駒の扱いには十分手馴れている須貝厩舎ですから、当たればそれなりの成績は残してくれそうです。

6位:レアリスタ(母トキオリアリティー)

リアルインパクトの下。
この母ではアイルラヴァアゲインがG3・オーシャンS勝ち、昨年のネオユニヴァース産駒・ネオリアリズムも年明けデビューからPOG期間中2勝を挙げており、優秀な繁殖牝馬と言えると思います。

トキオリアリティーはもともとスプリンターですが、繁殖牝馬としてはスピード+パワフルさを兼ね備えた仔を出す傾向にあり、キレる脚というよりは持続的なスピードで勝負するタイプ。

昨年のネオユニヴァース産駒でも、なかなかのスピードを発揮したので、ステイゴールド産駒の底力にうまくスピードがかみ合えば、リアルインパクト並みの活躍をしてもおかしくないと思います。

ステイゴールド産駒は時に体の小ささが障害になりますが、この馬はこの母の仔らしいパワフルさで、既に500kgの雄大な馬体。大型馬+慎重な堀厩舎ということで、デビュー時期に関する不安はありますが、調整の順調さから、秋くらいにはデビューしてくれると期待しています。

以上、6位まででした。


スポンサードリンク


[ 2014/06/11 11:40 ] POG2014-2015 指名馬 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pogstar.blog.fc2.com/tb.php/1134-af184b03












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。