POGの星 2015-2016 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> POGトピックス > 【POGトピックス】ハープスターの不安はシンメイフジパターン。

スポンサーサイト



スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【POGトピックス】ハープスターの不安はシンメイフジパターン。



スポンサードリンク



先週はハープスターが衝撃的な走りを見せました。

気の早い人は「もうクラシックはこの馬だろ」みたいな意見もあるでしょうが、
それではPOGがおもしろくなくなってしまうので、今回はあえて
この馬の不安材料を書いてみます。

「出遅れて最後方から大外ごぼう抜き」の豪快な勝ちっぷり。
新潟2歳Sで、かつてこれとほぼ同じ勝ち方をした牝馬がいます。

2009年に勝ったシンメイフジ
自分が当時、POGで指名していた馬です。

Youtubeにレース映像がないので、下記のJRAのページからどうぞ。

2009年新潟2歳S

スタートから出遅れ、直線に入ってもはるか最後方で、
最後一気に追い込んできた展開は全く同じ。
そして実はレース自体の勝ちタイムも同じ、ペースもほぼ同じ。

実際の数字で比べてみると、、、

2009年 新潟2歳S
レースラップ:
12.6 - 10.5 - 12.0 - 12.7 - 12.8 - 11.6 - 10.4 - 11.8
着順:
1着 シンメイフジ 1.34.4 上がり3F32.9
2着 フローライゼ 1.34.5 上がり3F33.5
3着 クロフォード 1.34.9 上がり3F33.9

2013年新潟2歳S
レースラップ:
12.5 - 10.8 - 12.0 - 12.6 - 12.8 - 11.5 - 10.9 - 11.4
着順:
1着 ハープスター 1.34.5 上がり3F32.5
2着 イスラボニータ1.35.0 上がり3F33.7
3着 ピークトラム 1.35.0 上がり3F33.8

レースラップ、勝ちタイムともに、酷似しています。
上り3Fの差は若干ありますが、シンメイフジが他馬に寄られて
大きくよれたことを考えるとあまり考えなくてもいいかもしれません。

そして、シンメイフジのその後のG1戦線の結果を見てみると、

阪神JF:1番人気5着
桜花賞:4番人気6着 (メンバー中最速の上り3F33.8)
オークス:6番人気11着

桜花賞ではメンバー中最速の末脚を見せながら届かず6着でした。
トップ争いになってくると、エンジンのかかりの遅い末脚勝負では
難しくなってくるのが如実に表れた結果です。

この点はハープスターにとっても不安要素であることは間違いないでしょう。


そしてもう一つ。
近年の新潟2歳Sの勝ち時計を見てみると、
2009年:シンメイフジ   1.34.4 上り32.9
2010年:マイネイサベル  1.34.5 上り33.5
2011年:モンストール   1.33.8 上り32.7
2012年:ザラストロ    1.33.5 上り33.4
2013年:ハープスター   1.34.5 上り32.5

少なくとも、今年が例年より2歳馬特有の緩いスローの楽なレースに
なったのは間違いなさそうです。
その中で、ハープスターに食い下がる馬がいなかったというのは、
メンバーのレベルが低いと言わざるをえないでしょう。

実際、2着が3か月ぶりのイスラボニータ、3着がデビューから2戦続けて
1着馬に3馬身以上の差をつけられたピークトラムですから。


ということで、この新潟2歳Sの結果だけ見れば、ハープスターにとって、
やや「ハマった」感はあります。
これでそのままG1でも通用するかはまだわからないでしょう。

しかし、余裕を持っての32.5という切れ味は間違いなく一級品。
G1でも掲示板くらいは狙える可能性は高いでしょうね。


スポンサードリンク


[ 2013/08/27 01:00 ] POGトピックス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pogstar.blog.fc2.com/tb.php/1073-6a0be92d












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。