POGの星 2015-2016 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 先週のPOG動向 > 【先週のPOG動向】8月第2週&第3週のPOG動向

スポンサーサイト



スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【先週のPOG動向】8月第2週&第3週のPOG動向



スポンサードリンク



久々の更新です。
とりあえず、先々週&先週のPOG動向を。

【8月2週POG動向】

先々週、最も大きなインパクトを残したのは言うまでもなくサトノアラジンですね。
これまでデビューした2歳馬の中では最も大物感のある1頭でしょう。
今後はきっちり秋に向け放牧と、クラシックへ向けて虎視眈々。

ただ、全姉のラキシスも同様に初戦、圧巻のパフォーマンスを見せたものの
2戦目以降が尻すぼみ。血統的に成長力が足りない懸念はあるかもしれません。
(姉を指名していたのに弟は獲らなかった負け惜しみも含め)

その他、この週はコスモス賞、フェニックス賞のOP2鞍がありました。

コスモス賞を勝ったのはマイネルフロスト
サトノフェラーリの猛追をハナ差で凌ぎました。
2頭ともまだ成長の余地を残していそうで、札幌2歳Sでも主役級になりそう。

牝馬ながら力のいる馬場でクビ差3着に入ったマイネグレヴィルを加えた
3頭はクラシック路線への希望が広がったのではないでしょうか。
一方、4馬身以上の差をつけられたリターンラルクは底が見えたか。

フェニックス賞はクーファナインが勝ちましたが、7頭中5頭が未勝利馬という、
低レベルのレースで、メンバーが強くなるとちょっときついか。

POG人気どころでは、ルミナスウイングの下になるルミナスパレードが新馬戦を快勝。ほんと、今年は全体的に牡馬より牝馬の活躍が目につきますね。

一方、G1馬・クイーンスプマンテの下・クイーンズシアターは1番人気でまさかのデビュー戦9着。
調教の動きも良かっただけに、残念な結果になりました。


【8月3週目POG動向】

先週、最も大きなインパクトがあったのは小倉の新馬戦を勝った
ウインフルブルームでしょうか。

好位からの横綱相撲で2着に3馬身以上の差をつける圧勝。
一定のラップを刻む流れを好位追走し早めに抜け出して突き放すという
新馬離れしたセンスたっぷりの内容で、上でも楽しみ。

POG的注目馬では、レディルージュやリコラサージュの下になるロードフォワードが新馬勝ち、レッドセインツ、レッドセシリアの下になるレッドカイザーが未勝利勝ちと、しっかり結果を出しました。

そして何と言っても先週は新種牡馬・ヨハネスブルグ産駒が大暴れ。
既にホウライアキコがレコード勝ちするなど3勝を挙げていますが、
先週はたった1週で新馬戦3勝。

土曜函館5R 芝1,200m ペプチドスピカ
土曜新潟5R 芝1,400m スナークマスカラス
日曜新潟6R 芝1,200m ネロ

これで早くもヨハネスブルグ産駒、6勝目になりました。
短距離戦でのスピード能力は脅威で、特に牝馬勢はPOG戦線でも怖いところ。
種牡馬1年目にして重賞をいくつか持っていくかもしれませんね。

ちなみにこの週の未勝利戦では新馬戦でホウライアキコの2着、3着に敗れた
キンシノキセキマイネヴァリエンテが未勝利戦を圧勝。

こりゃ相当新馬戦のレベルが高かったようで、
ホウライアキコ、小倉2歳Sの本命級になってきそうです。

また、血統的に先週最も注目を集めたディープ産駒・キュリオスティー
デビュー戦10着。
毎年のことながら、早期デビューのディープ産駒はどうも確率が悪いですね。


さあ、いよいよ今週末から、新潟2歳S、札幌2歳S、小倉2歳Sと、2歳重賞が立て続けに開催されます。
2歳戦も本番に入ってきますね。楽しみ楽しみ。


スポンサードリンク


[ 2013/08/20 14:59 ] 先週のPOG動向 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pogstar.blog.fc2.com/tb.php/1068-57e71c56












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。