POGの星 2015-2016 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 未分類 > 角居厩舎が来年2歳馬を預からないらしい件。

スポンサーサイト



スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

角居厩舎が来年2歳馬を預からないらしい件。



スポンサードリンク



角居厩舎が、JRAの預託頭数削減の影響で、来年の2歳世代は預からない、と表明したことが話題になっています。
ということで、来年は角居厩舎抜きでのPOGになりそうです。

まあ、1,2を争う有力厩舎がこういう行動に出ると「頭の固いJRAは何考えてんだ」という風潮になるのかもしれませんが、個人的には、これはこれでいいのかなー、という気はしています。

競馬における厩舎をスポーツにおける「チーム」、馬を「選手」と捉えるなら、
有力厩舎にいい馬が多数偏りすぎるのは競馬化全体にとって良いとは思えません。
これによってチャンスを得られず経営が苦しくなる厩舎、そして有力厩舎に入ったばかりに能力を埋もれさせてしまう馬もいると思うんですよね。

以前もちょっと書いたのですが、最近、新興厩舎が台頭してきています。

POG厩舎勢力図、やはり異変ありか。

預託される馬のレベルを考えれば、馬の管理能力において必ずしも有力厩舎>マイナー厩舎とは言えないのは明らかですし、能力のある馬さえ入ってくれば、活躍馬を送り出せそうなマイナー厩舎もたくさんあります。
だけど、現状では角居厩舎のような超有力厩舎ばかりにいい馬が集まる状況。

角居師は「勝てば勝つほど馬の入れ替えがうまくいかなくなるジレンマに陥ってしまう」とコメントしていますが、まさにそこがポイントじゃないかと思います。競争の世界とはいえ、こういうコメントが出ること自体が、今の戦力不均衡の異常さを表しているのかな、と。

野球でもサッカーでもそうですが、「戦力がありすぎて控えの選手の出場機会が十分あげられない」みたいな状態は良くないでしょうし、全体から見れば競争をつまらなくします。

特に馬の場合は、血統と人間関係がある程度モノをいう世界ですから、一旦偏りが出ると、エスカレートしやすい業界でしょうし、戦力不均衡の状況を見つつ、ある程度コントロールせざるをえないのは仕方ないかと。

角居厩舎のいない来年の2歳馬で、さらに厩舎勢力図が変わってくるのか、今から楽しみです。


スポンサードリンク


[ 2013/06/17 13:04 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pogstar.blog.fc2.com/tb.php/1049-5c92fdbc












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。