POGの星 2015-2016 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> POGドラフト結果 2013-2014 > POG2013-2014 指名馬 その4

スポンサーサイト



スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

POG2013-2014 指名馬 その4



スポンサードリンク



7位:レッドリヴェール
(父ステイゴールド 母ディソサード)

既にデビューしてしまったので書きにくいのですが、、、
この馬は速攻要員としての指名です。

というより、牡馬の場合はクラシックディスタンスというものがあるので、
速攻要員からそのままクラシックへ行ける馬は少ないですが、
牝馬の場合は、速攻要員がそのままクラシックまで行ってしまうことも
往々にあります。
アパパネなんかはまさにそうでした。

今年も1,400m辺りが適距離と思われたメイショウマンボがオークスを
勝ってしまうくらいですから、距離適性もバリバリ短距離向きでなければ大丈夫。

ということで今年は次のエイシンオルドスと合わせて2頭の牝馬速攻要因を
指名しました。

2歳戦の牝馬と言えば記憶に新しいのが、昨年の阪神JFでローブティサージュ、
コレクターアイテムの2頭を掲示板に載せた須貝厩舎。

その中で調教での動きが良かったレッドリヴェールに白羽の矢を立てました。
坂路で、馬なりでラスト12.7を叩き出し、厩舎の評価も上々。

距離適性についても、もともと1,800m戦でのデビューが予定されており、
(最終的に開幕週のマイル戦に前倒しされましたが)
阪神JF、桜花賞どころか、オークスまでも対応可能。

半兄のピタゴラスコンマも1勝ながら、
いちょうS2着など、中距離で賞金を稼ぎました。

で、開幕週のマイル戦で勝ってくれました。
5頭立てなので評価が難しいところですが、スローながら上り33.3という
切れ味を見せ、今後に期待を持たせてくれそうです。


8位:エイシンオルドス
(父フジキセキ 母アルカイックレディ)

この馬も既にデビューしてしまっていますが、、、
速攻要員第2弾です。

ダリア賞を制したエイシンキンチェムの全妹。
そして、速攻大好き坂口厩舎。
まさに、「これぞ速攻!」というプロフィールです。

馬なりで52.4の時計を叩き出し、1000万クラスの古馬を
突き放した出色の調教内容を見て、迷わずリスト入りを決めました。

エイシンキンチェムはダリア賞後、3か月ほど間を空けて、
その後はもう一つ結果が出ませんでしたが、
早馬に関しては、高野厩舎より坂口厩舎の方がお手の物でしょうから、
ガンガン使ってくれるでしょう。
早めから数をつかってなんぼの馬ですから。

ということで、こちらも開幕週の新馬戦を勝ってくれました。
ここでは力が違いました。

次もあまり間を空けず、どんどん使ってほしいです。


スポンサードリンク


[ 2013/06/04 01:23 ] POGドラフト結果 2013-2014 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pogstar.blog.fc2.com/tb.php/1042-d5d543a6












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。