POGの星 2015-2016 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> POGドラフト結果 2013-2014 > POG2013-2014指名馬 その2

スポンサーサイト



スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

POG2013-2014指名馬 その2



スポンサードリンク



3位:トゥザワールド
(父キングカメハメハ 母トゥザヴィクトリー)

トゥザグローリーの全弟。
この馬を指名した一番の理由は馬体です。

POG本で見た中で個人的に一番良いと思った馬。
トゥザグローリーよりいいですね。

血統としては、晩成傾向な上に、体質にも問題のある産駒が多く、
兄弟でそれなりに走ったのはトゥザグローリーくらい。
あとはまともに出走もできていません。

ということで、この馬にも当然そういうリスクがあるわけですが、
今のところはすこぶる順調。

そもそもドラフト時点でデビュー絶望だった2009を除き、
2008のプルスウルトラ、2010のトゥザレジェンドは11月にデビューしていて、
デビュー自体が極端に遅れたわけではありません。
ただ、大型でもっさりしている馬体を持て余してしまい、順調さを欠いた、
という印象です。

本馬は、この母の牡馬にしては大きくない方ですし、馬体もすっきりしていて、
デビューさえできればそれなりの結果はついてくる気がします。

トゥザグローリーは3月デビューからでも2勝+青葉賞2着を経て
ダービー出走を果たしていますので、
・トゥザグローリーより順調に調整が進んでいる。
・トゥザグローリーより馬体のバランスが良い。
・トゥザグローリーほど大型馬ではない。
ということで、期待度は十分。

一時は、ドラ1にしようか迷ったほどですが、3位で獲れてよかったです。


4位:グレンシーラ
(父ゼンノロブロイ 母ドナブリーニ)

一昨年指名していたジェンティルドンナの下。
思い入れ込みの指名です。

ドナウブルー、ジェンティルドンナと2年連続でディープ牝馬で成功した母ですが、
今年は父がゼンノロブロイに替わり、牡馬になりました。

ドナブリーニはディープ牝馬の成功例しかまだなく、未知数な部分は多いですが、
この馬は誰が見ても丸わかりのパワフルな馬体をしています。
これはジェンティルドンナと共通する部分であり、ドナブリーニの仔の特徴と
言っていいのでしょう。

ディープからゼンノロブロイに替わって特にプラスになることもないですが、
同じ母でジェンティルドンナと同じような筋肉質の馬が出たとなると、
当然、一発の可能性はあると思います。

1位で消えてもおかしくない馬ですが、4位まで残ったのは意外でした。

スポンサードリンク


[ 2013/06/03 20:45 ] POGドラフト結果 2013-2014 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pogstar.blog.fc2.com/tb.php/1040-0c5d8907












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。