POGの星 2015-2016 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> POGドラフト結果 2013-2014 > POG2013-2014指名馬 その1

スポンサーサイト



スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

POG2013-2014指名馬 その1



スポンサードリンク



ということで、ここから今年の指名馬に関する話。

1位指名:ロザリンド
(父シンボリクリスエス 母シーザリオ)

実はリスト1位にしていたのはトレクァルティスタ(母ハッピーパス)でしたが、
まさかの競合でジャンケン負け。
ということで、この馬が今年の1位指名となりました。

さて、この馬の指名についてですが、
・エピファネイアの全妹
・兄と同じ角居厩舎
・牝馬の目玉・レーヴディソールやサングレアルより馬体が圧倒的に良い
・牝馬にして500kgの巨体。
といった程度の理由です。

個人的にはエピファネイアという馬は、皐月賞、ダービー共に2着に敗れたものの、
ある意味、キズナより価値のある血統馬じゃないかな、と。

というのも、ダート、もしくはやや短距離系に出やすいシンボリクリスエス産駒で、
ここまでクラシック戦線の主役級の活躍をできたのはこの馬がおそらく初めて。

あのレーヴドスカーの仔(アプレザンレーヴ)でもダービー5着が精一杯でしたし、
一昨年にはこれでもかとばかりに良血牝馬をつけながら結果は散々。
エピファネイアのこの活躍は、シンボリクリスエス産駒としては奇跡といってもいい
くらいなわけです。

そんな馬の全妹が、馬体も出来も良さそうで、しかも兄をここまで導いた厩舎に入る、
となれば上位指名の価値十分でしょう。

もちろん、牝馬に出て兄よりさらに気性の心配は出てくるでしょうし、
この母特有の脚元の心配もあるのですが、その辺を差し引いても魅力は十分だと思います。


2位指名:ポイントフラッグの2011
(父ステイゴールド 母ポイントフラッグ)

実はリスト3位に母ウインドインハーヘアを入れていたのですが、
これも他の参加者がまさかの1位指名。
2位指名にも残らず、この馬が繰り上がり2位指名となりました。

言わずと知れた、ゴールドシップの全弟。
血統については、今さらどうこう言うこともないでしょう。

5/31生まれの遅生まれでデビューがゴールドシップより遅くなる、
気性にも問題がある、馬体重も軽めでゴールドシップと似ていない、
ということで、この黄金配合にも拘わらず、今年のPOGではやや人気を
落としているようです。

ただ、どうしても現段階でのゴールドシップと比較してしまいがちですが、
そもそもこの馬はゴールドシップより3か月ほど遅生まれなわけで、
それを考慮すれば馬体も全然悪くないですし、デビューが遅れるのも当然。
今後の成長過程で、気性の問題も少しは解消されていくでしょう。

媒体の色々な情報で評価は下がっているようですが、
もともとレーヴデトワールを凌駕する圧倒的人気を集めてもおかしくない血統。
遅生まれや気性の幼さで嫌われるなら、獲っておいていいんじゃないでしょうか。

遅生まれなだけに「POG期間に間に合うのか?」と心配する人もいるでしょうが、
須貝師の「乗り出すとしっかりしている」というコメントも出ていますし、
もともとゴールドシップも夏から活躍していたように、この血統自体、
やや早熟だと思っています。
(ゴールドシップのデビュー前の評判も割とそんな扱いだったような。)

普通の血統よりは遅生まれの影響は少ないんじゃないかと。

ということで、牡馬の1番手はこの馬になりました。

スポンサードリンク


[ 2013/06/03 10:11 ] POGドラフト結果 2013-2014 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pogstar.blog.fc2.com/tb.php/1039-207a0ef8












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。