POGの星 2015-2016 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 先週のPOG動向 > 皐月賞はロゴタイプの完勝。こりゃ、ダービーもこの馬?キズナは?

スポンサーサイト



スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

皐月賞はロゴタイプの完勝。こりゃ、ダービーもこの馬?キズナは?



スポンサードリンク



皐月賞はロゴタイプの完勝で終わりました。

展開は大体、前回予想した通り。
コパノリチャードの存在によって、1,000m:58.0という
なかなか3歳戦ではお目に掛れないほどの超ハイペース。

コディーノはいつも通りやや前の位置取り。
エピファネイアは抑えきれない感じで外目を通って前へ。

ロゴタイプはその後ろの中団から。

カミノタサハラフェイムゲームといった末脚勝負の馬は後方待機。

前の馬の総崩れというシナリオも感じさせながら、4コーナーへ。

カミノタサハラが後ろから押し上げ、前目にいたエピファネイアも抜け出しにかかり、
ロゴタイプはその外へ。コディーノは内々を回りぎりぎりまで追い出しを我慢。

さあ、また弥生賞のようなゴール前の混戦になるか、と思いきや、
ここからあっさり抜け出したのがロゴタイプ。

先に抜け出したエピファネイアをあっさり交わすと、後続を寄せ付けずゴール。
エピファネイアが何とか半馬身差で最後まで粘ったものの、
コディーノ、カミノタサハラは見せ場を作ることもできませんでした。

超絶のレコードタイムで、人気馬が上位を独占。
大混戦と言われていた牡馬クラシック戦線ですが、この結果を見る限り、
本当に強い馬しか勝てない、レベルの高いレースだったと見るべきでしょう。

ロゴタイプはもちろんですが、
このハイペースを前目でレースを進めたエピファネイアとコディーノが
きっちり2,3着に来たのは底力の証拠。


今回のレースぶりからは、ダービーもロゴタイプがかなり有力だと思いますが、
さすがに今回よりはゆるい流れになりそうなダービーなら、
2-4着の弥生賞組にもまだチャンスはありそう。

3頭とも気性面や走りの特性の面でロスが多いので、
競馬巧者のロゴタイプに対抗する舞台としては瞬発力勝負になりそうな
ダービーの方がチャンスは大きいでしょう。
そして何と言ってもロゴタイプには距離の不安もあります。

一方、今回の5着以下の馬はダービーでも苦しいでしょうね。


そして、ダービーでこれらの馬と勝負することになるキズナ
きっちり弥生賞上位組が2-4着に来たことで、キズナにもこの世代上位の力が
あるのは証明されたようなもの。

そして、キズナにとって追い風なのは、今回の皐月賞の高速決着。
このG1の舞台で上がり最速が35秒台ですから、かなりの消耗戦になりました。

まだダービーまで時間はありますが、3歳馬がこれだけの消耗戦をやったとなると、
ある程度の反動は覚悟せざるを得ないのが普通。

京都新聞杯でのレースぶりにもよりますが、
コンディション調整面ではキズナの方に分があるとみていいと思います。

上位馬たちの力のあるところを再確認する一方、キズナにも十分チャンスがある、
と再確認できたレースだったと思います。

スポンサードリンク


[ 2013/04/15 21:44 ] 先週のPOG動向 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pogstar.blog.fc2.com/tb.php/1015-d790f36e












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。