POGの星 2015-2016 HOME > カテゴリー [POGトピックス ]

スポンサーサイト



スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

POG有力馬 次走予定



スポンサードリンク



ポルトドートウィユ→ 12/7 シクラメン賞(阪神・芝1,800m)

ダイワミランダ→11/23 赤松賞(東京・芝1,600m)

アールブリュット→ 11/30 ベゴニア賞(東京・芝1,600m)

アドマイヤスター→ 11/22 もちの木賞(京都・ダ1,800m)

クレスト→ 11/16 黄菊賞(京都・芝2,000m)

トーセンバジル→12/6 葉牡丹賞(中山・芝2,000m)

グリュイエール→11/24 東スポ杯2歳S (東京・芝1,800m) 岩田騎手

ペガサスボス →11/24 東スポ杯2歳S (東京・芝1,800m)

東スポ杯のメンツが濃くなってきましたね。
アヴニールマルシェ、マイネルシュバリエ、スワーヴジョージ、
ジャストドゥイング、トーセンビクトリーに加え、
グリュイエールとペガサスボスですか。

また、現在のMy POGの唯一の希望の星・フローレスダンサーがですが、
やはり次走は距離延長も考慮するそうで。

そうなるとやはり阪神JFというよりもエリカ賞とかシクラメン賞辺りに
向かう感じですかね。
意外なところでは京都2歳Sとか。

どれも混合戦なので、厳しい戦いにはなると思いますが。
スポンサーサイト


スポンサードリンク


[ 2014/11/10 23:18 ] POGトピックス | TB(0) | CM(0)

レッドアルティスタも惨敗。今年はステイゴールドがやばい。。。



スポンサードリンク



レッドアルティスタのデビュー戦は見せ場なく8着。
こりゃ、当分厳しいでしょう。

今年はただでさえ成功確率の低いステイゴールド産駒を5頭も指名するという
暴挙に出ましたが、やっぱり墓穴を掘りました。

ステイリッチ:新馬戦7着→未勝利戦9着
フェステジュニーナ:新馬戦14着
レッドメアラス:新馬戦4着→未勝利戦4着
レッドアルティスタ:新馬戦8着

これだけのPOG人気馬が揃ってぼろぼろ。

ステイゴールド産駒を期せずして大量指名してしまった時点で
ミスったとは思いましたが、まさかここまでとは。

去年のレッドリヴェールの成功体験を無駄に追いかけてしまった。。。

あと残るはレアリスタ。
今のところの調整過程からはこの馬も厳しそうですが、
何とかいいところを見せてほしい。

今年のステイゴールド産駒は
あのアッシュゴールドでさえ、今のところ力は知れてそうだし、
外れ年なのかも。

エクシードリミッツは500万下で6着。
前に行ってなんぼの馬が控えては勝負にならず。

すずらん賞を使えず、ファンタジーSではなく平場を使って惨敗
ということで、この馬も流れが悪いなー。

前走の内容からすれば、こんなもんじゃないと思うんですけどね。

今年は須貝厩舎も調子悪いなー。

いよいよドラ1,2に一縷の望みをかけるしかなくなってきた今年のPOG。
今までのPOG歴の中で最もヤバい感触です(涙)


スポンサードリンク


[ 2014/11/09 23:16 ] POGトピックス | TB(0) | CM(0)

POG有力馬 次走予定(牝馬)



スポンサードリンク



オーミアリス→12/14 阪神JF(阪神芝1,600m)

レオパルディナ→11/8 ファンタジーS(京都芝1,400m)

ウインソワレ→11/8 ファンタジーS(京都芝1,400m)

エイシンアリエル→11/8 ファンタジーS(京都芝1,400m)

シンフォニア→11/8 ファンタジーS(京都芝1,400m)

タガノヴェルリー→11/8 ファンタジーS(京都芝1,400m)

ニューエディション→11/8 ファンタジーS(京都芝1,400m)

アールブリュット→11/1 アステミスS(東京芝1,600m)

ユキノカトレア→500万条件(ファンタジーSも視野?)

トーセンラーク→11/1 アルテミスS(東京芝1,600m)

コートシャルマン→ 12/14 阪神JF(阪神芝1,600m)

ルージュバック→11/9 百日草特別(東京芝2,000m)

レッツゴードンキ→11/1 アルテミスS(東京芝1,600m)

グレイスフルワード→11/15デイリー杯2歳S(京都芝1,600m)

ダイワバーチュー→11/23 赤松賞(東京芝1,600m)

キャットコイン→11/23 赤松賞(東京芝1,600m)

マラケシュ→11/23 赤松賞(東京芝1,600m)

トーセンビクトリー→11/24 東京スポーツ杯2歳S(東京芝1,800m)

フローレスダンサー→11/1 アルテミスS(東京芝1,600m)


スポンサードリンク


[ 2014/10/31 14:08 ] POGトピックス | TB(0) | CM(0)

いよいよ桜花賞。レッドリヴェール vs ハープスター、再び。



スポンサードリンク



いよいよ今週末はクラシック第一弾・桜花賞。
2歳女王・レッドリヴェールが満を持して出走します。

阪神JFではレッドリヴェールが勝っているにもかかわらず
巷では、すっかりハープスターの確勝ムード。

まあ、それもそのはずで、
①阪神JFはあと数mあれば逆転されてたくらいきわどかった。
②ハープスターのチューリップ賞の内容が圧巻。
レッドリヴェールは3歳になって1戦もしていない。
レッドリヴェールの馬体重が増えていない。
⑤先行馬が多く、ハープスターに展開が向きそう。
ということですから、
普通に考えれば、ハープスター有利でしょうね。

ただ、、、
レッドリヴェールにとって有利な条件もあります。

①桜花賞当日は雨予報。
②他馬がハープスターに簡単に道を開けるとは思えず、
大外を回される可能性も?
③休養明けの仕上げに実績のある須貝厩舎。
④一度負けているのに人気を集めてしまう辺り、
川田騎手のプレッシャーは半端ないはず。

ということで、これでハープスターが内枠を引いたりすると、
レッドリヴェールにもそれなりにチャンスはあると思います。

両馬の成長度の差にもよってきますが、
阪神JFよりハープスターに不利に働く要素もありそうですしね。

それにしてもレッドリヴェールは体重が増えませんねー。。。

スポンサードリンク


[ 2014/04/09 17:02 ] POGトピックス | TB(0) | CM(1)

【POGトピックス】ハープスターの不安はシンメイフジパターン。



スポンサードリンク



先週はハープスターが衝撃的な走りを見せました。

気の早い人は「もうクラシックはこの馬だろ」みたいな意見もあるでしょうが、
それではPOGがおもしろくなくなってしまうので、今回はあえて
この馬の不安材料を書いてみます。

「出遅れて最後方から大外ごぼう抜き」の豪快な勝ちっぷり。
新潟2歳Sで、かつてこれとほぼ同じ勝ち方をした牝馬がいます。

2009年に勝ったシンメイフジ
自分が当時、POGで指名していた馬です。

Youtubeにレース映像がないので、下記のJRAのページからどうぞ。

2009年新潟2歳S

スタートから出遅れ、直線に入ってもはるか最後方で、
最後一気に追い込んできた展開は全く同じ。
そして実はレース自体の勝ちタイムも同じ、ペースもほぼ同じ。

実際の数字で比べてみると、、、

2009年 新潟2歳S
レースラップ:
12.6 - 10.5 - 12.0 - 12.7 - 12.8 - 11.6 - 10.4 - 11.8
着順:
1着 シンメイフジ 1.34.4 上がり3F32.9
2着 フローライゼ 1.34.5 上がり3F33.5
3着 クロフォード 1.34.9 上がり3F33.9

2013年新潟2歳S
レースラップ:
12.5 - 10.8 - 12.0 - 12.6 - 12.8 - 11.5 - 10.9 - 11.4
着順:
1着 ハープスター 1.34.5 上がり3F32.5
2着 イスラボニータ1.35.0 上がり3F33.7
3着 ピークトラム 1.35.0 上がり3F33.8

レースラップ、勝ちタイムともに、酷似しています。
上り3Fの差は若干ありますが、シンメイフジが他馬に寄られて
大きくよれたことを考えるとあまり考えなくてもいいかもしれません。

そして、シンメイフジのその後のG1戦線の結果を見てみると、

阪神JF:1番人気5着
桜花賞:4番人気6着 (メンバー中最速の上り3F33.8)
オークス:6番人気11着

桜花賞ではメンバー中最速の末脚を見せながら届かず6着でした。
トップ争いになってくると、エンジンのかかりの遅い末脚勝負では
難しくなってくるのが如実に表れた結果です。

この点はハープスターにとっても不安要素であることは間違いないでしょう。


そしてもう一つ。
近年の新潟2歳Sの勝ち時計を見てみると、
2009年:シンメイフジ   1.34.4 上り32.9
2010年:マイネイサベル  1.34.5 上り33.5
2011年:モンストール   1.33.8 上り32.7
2012年:ザラストロ    1.33.5 上り33.4
2013年:ハープスター   1.34.5 上り32.5

少なくとも、今年が例年より2歳馬特有の緩いスローの楽なレースに
なったのは間違いなさそうです。
その中で、ハープスターに食い下がる馬がいなかったというのは、
メンバーのレベルが低いと言わざるをえないでしょう。

実際、2着が3か月ぶりのイスラボニータ、3着がデビューから2戦続けて
1着馬に3馬身以上の差をつけられたピークトラムですから。


ということで、この新潟2歳Sの結果だけ見れば、ハープスターにとって、
やや「ハマった」感はあります。
これでそのままG1でも通用するかはまだわからないでしょう。

しかし、余裕を持っての32.5という切れ味は間違いなく一級品。
G1でも掲示板くらいは狙える可能性は高いでしょうね。


スポンサードリンク


[ 2013/08/27 01:00 ] POGトピックス | TB(0) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。