POGの星 2015-2016 HOME > カテゴリー [POGドラフト結果 2011-2012 ]

スポンサーサイト



スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

POG指名馬14位~15位



スポンサードリンク



14位:オメガホームラン 牡

(父ダイワメジャー 母ダンスーズデトワール)


新種牡馬から今年も1頭。

ルルーシュ、ステージプレゼンスの半弟です。


ルルーシュは昨年、ローテーションのドタバタで、

クラシックに乗れませんでしたが、力は間違いなくあった馬。


ゼンノロブロイでこれだけの馬が出たなら、

ダイワメジャーでも結果を出してくれるんじゃないかと。


馬体はここまで獲った上位の馬を合わせても、

結構いいんじゃないかと思うのですが。


6月中に入厩し、北海道デビューを目指すようですね。


新種牡馬で獲ろうかどうか考えたのは、

この馬とアドマイヤラック(父アドマイヤムーン)でした。



15位:アランセラの2009 牡

(父アグネスタキオン 母アランセラ)


サブジェクトの半弟。


サブジェクト以降は兄弟に結果が出ていませんが、

サクラバクシンオー、ダンスインザダーク、ゼンノロブロイ

なので、まあ仕方ないのではないかな、と。


少なくともタキオン産駒になって期待値は上がると思います。


ノーズヒルズは今年はタキオン産駒に力を入れている

ようなので、もう少し注目されてもいい馬ではないかな、と

思いますが、全然注目されていないですね。


赤本での馬体はかなり良さげですけどね。


池江厩舎となっていましたが、今は厩舎未定?



ということで、以上、今年の牡馬10頭、牝馬5頭でした。


先に獲られるかな、と思っていた牝馬が結構残ってくれ、

全体としては、かなり満足の行くラインナップになったと思います。


満足度としては、3年前初めてPOGに参加した年以来の高さです。

昨季は3億円を超えながら7人中3位だったので、

今季の目標は15頭で賞金総額4億円としておきます。


4億円行けば、たぶん優勝できるでしょう。



<POG情報>

にほんブログ村 トラコミュ POG(2011-2012)へ
POG(2011-2012)

スポンサーサイト


スポンサードリンク


POG指名馬11位~13位



スポンサードリンク



ここからは下位指名枠の牡馬を。

簡単に書いていきます。


11位:リインカネーション 牡

(父アグネスタキオン 母アグネスラズベリ)


去年、ノーザンリバー、デボネアと2頭のタキオン産駒に

お世話になりました。


タキオン産駒の牡馬が上位では獲れなかったので、

(グランデッツァがほしかったですが獲れず)

下位で2頭を指名。


1頭目がこの馬。

アグネスラズベリの初仔。


アグネスラズベリは短距離で活躍したスプリンター。

タキオンとの配合でスピード能力を存分に発揮してほしいところ。


そして、アグネス x アグネスなのに馬主が違うのも気になります(;^_^A



12位:サトノグロリアス 牡

(父ジャングルポケット 母マンハッタンセレブ)


今年の藤沢厩舎にはサトノの有力馬が4頭。

*サトノヒーロー

*サトノプレジデント

*サトノレオパード

*サトノグロリアス


この中に必ず当たりはいると思います。

ということで、どれかを指名したいな、と思って選んだのがこの馬。


母マンハッタンセレブは、マンハッタンフィズの全妹。

つまり、この馬はアプリコットフィズと全く同じ血統になります。


これだけで血統に間違いはなし。

シャンボールフィズに人気が集まるなら、この母もアリでしょう。


尻も立派で、POG向きでない藤沢厩舎でも、それほど遅くならない

方ではないかな、と思うのですが。



13位:ケイウーマンの2009

(父ディープインパクト 母ケイウーマン)


全姉・レッドディアーナがあれだけPOG人気したにも拘わらず、

デビューできなかったことで一気に人気を下げているこの馬。


モンテクリスエスの半弟という良血。

2007年産のマシュケナーダも新馬戦ではあのレディアルバローサ

に完勝しています。


間もなく入厩予定らしいですし、

この順位で獲れるなら獲っておかないといけない馬でしょう。


<POG情報>

にほんブログ村 トラコミュ POG(2011-2012)へ
POG(2011-2012)



スポンサードリンク


POG指名馬9位:アナスタシアブルー、10位:ジェンティルドンナ



スポンサードリンク



9位:アナスタシアブルー 牝

(父ファルブラヴ 母ライラプス)


ライラプスの初仔。


ファルブラヴ産駒の牝馬は昨年、

ダンスファンタジア、スピードリッパー、フォーエバーマークと、

クラシック路線に3頭乗せてきました。


活躍の舞台はマイル以下にかたよっていますが、

牝馬ならそれでも桜花賞までは可能なわけで、

十分POG指名に値する種牡馬だと思います。


母ライラプスは自身もPOG期間中にクイーンC勝ちがあり、

POG向きでしょうし、厩舎も母と同じ松田国厩舎。


ドラフト時は北海道での早期デビューを見込んでいましたが、

ゲート試験合格後、放牧に出てしまいました。

まあ、ゲート試験には受かっているので、問題ないでしょう。


今年指名した他の4頭の牝馬に比べるとやや大物感は薄いですが、

できれば阪神JFから桜花賞を目指してほしい1頭です。



10位:ジェンティルドンナ 牝

(父ディープインパクト 母ドナブリーニ)


ドナウブルーの全妹。


指名理由はほぼ8位のアンチュラスのところで書いてしまいましたが。

この馬が10位まで残っているのはラッキーでしたね。


姉ドナウブルーは、デビューから2連勝の後、

シンザン記念5着、NZT6着と、牡馬に混じって重賞で好走しました。


馬体も力強いですし、当たれば大きい1頭だと思います。

姉が不完全燃焼に終わった分までがんばってもらいたいですね。


デビューは遅めになりそうですが、

ディープ産駒は必ずしも早期デビューで数を使う馬はむしろ大成しない

印象を持っています。


リアルインパクトは早期デビューながら長期休養を挟みましたし、

リベルタスは数を使って、春先には使い物にならなくなっていましたし。


そういう意味では、あまり気にしなくてもよいかな、と。



<POG情報>

にほんブログ村 トラコミュ POG(2011-2012)へ
POG(2011-2012)



スポンサードリンク


POG指名馬8位:アンチュラス



スポンサードリンク



8位:アンチュラス 牝

(父ディープインパクト 母アンチョ)


イングリッドの全妹。


昨年度、活躍馬を多く輩出したディープ産駒ですが、

牝馬では能力の高さを感じさせる馬がやや少なめでした。


*マルセリーナ(母マルバイユ)

*グルヴェイグ(母エアグル-ヴ)

*ハブルバブル(母ラヴアンドバブルズ)

*イングリッド(母アンチョ)

*ドナウブルー(母ドナブリーニ)

*メデタシ(母オジャッタモンセ)

*ハッピーグラス(母ビッグハッピー)


その中で、今年もディープインパクトがつけられているのは、

牡馬:母ラヴアンドバブルズ

牝馬:母アンチョ、母ドナブリーニ

の3頭。


ハブルバブル、イングリッド、ドナウブルーの下ですね。


この3頭、どの馬も「もう少し順調に行っていたら。。。」と思わずには

いられない、牝馬クラシックさえも意識させられた馬。


配合については既に姉が結果を出しているわけで、

この3頭は今年積極的に獲りに行きたいと考えていたら、

結局、うまい具合に3頭とも獲れました。


イングリッドは、デビュー戦で2着に3馬身半差をつける圧勝。

2月には2勝目を挙げ、さあ桜花賞、オークスへ、というところで

故障で離脱。


しかし、2戦目ではオークス2着のピュアブリーゼに完勝しており、

クラシックには出走できなかったものの、能力の高さは間違いなし。


7月の入厩を予定しているそうで、早期デビューも可能。


かなりの確率で走ってくる馬だと思います。


<POG情報>

にほんブログ村 トラコミュ POG(2011-2012)へ
POG(2011-2012)



スポンサードリンク


POG指名馬7位:プレリアル



スポンサードリンク



とりあえず、6位までに牡馬が5頭。

上位-中位で獲りたい牡馬はここまでで獲れており、

7位~10位の4頭は牝馬枠に。


7位:プレリアル 牝

(父アグネスタキオン 母オンブルリジェール)


ジェルミナルの全妹。


アグネスタキオン産駒の牝馬は、2007年産駒が大挙して

クラシックに乗ったのに対し、2008産駒には全く当たりが

出なかったように、当たり外れが大きいです。


2009年産はレーヴディソールが大活躍を見せましたが、

それ以外の馬はもう一つと明暗が分かれました。


しかし一方で、タキオン牝馬でこれまで活躍している馬の

ほとんどがPOG期間からがっつり稼いでいます。


今年のタキオンで欲しかったのは、

ウィケットキーパーとこの馬。


ウィケットキーパーは早々と他の人に獲られてしまったので、

この馬を牝馬の2番手として指名。


姉のジェルミナルは、GⅠでの連対歴もなく、あまり印象に

残っていない人も多いと思いますが、

あのブエナビスタとレッドディザイアがいた年の桜花賞、

オークスをともに3着。


自分はその年、ブエナビスタを指名していましたが、

ブエナビスタの圧倒的な強さを横目に、ジェルミナルの

安定感もなかなか大したものだと思っていました。


その馬の全妹というだけで指名の価値ありだと思います。

とにかくタキオン牝馬の当たりを引けば大きいですから。

厩舎は替わりますが、替わり先は天下の角居厩舎。


タキオンの大型馬ですが、タキオン牝馬はむしろやや大きい

くらいの方が成功率が高いイメージがあります。

(データを取ったわけではありませんが)


デビューは秋以降でしょうが、

比較的確率が高くて、当たればでかい1頭だと思います。


<POG情報>

にほんブログ村 トラコミュ POG(2011-2012)へ
POG(2011-2012)



スポンサードリンク












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。