POGの星 2015-2016 HOME > カテゴリー [MY POG馬 2015-2016 ]

スポンサーサイト



スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【POG馬結果】 メジェルダはやっぱり1,400mまでの馬だった。。。



スポンサードリンク



【先週の結果】
トウショウジャイロ:未勝利(ダート1,800m) 2着
メジェルダ:阪神JF(G1) 14着

先週はメジェルダが阪神JFに出走。
直線までは先頭争いで見せ場を作ってくれましたが、最後はぱったりと止まって14着。

やはり陣営も「抑えないとマイルは持たない」という認識があったようで、今回は鞍上がかなり抑えにいっている感がありましたが、馬の方は抑えられず、結果的に掛かってしまったような形になりました。
無理に抑えずに逃げればもう少し着順は上だったでしょうが、それでも掲示板はなかったでしょうね。。。

どちらにしても、この馬にマイルは長い、というのは今回ではっきりしたと思います。
騎手もレース後そう言っていますし、おそらく桜花賞には出ないのかな、と。

とりあえず休養してフィリーズレビュー or ファルコンS、その後はクロッカスS or 橘S辺りですかね。

千二、千四なら重賞でも十分上位争いできるはずなので、POG期間中にもう一稼ぎお願いしたいところです。


トウショウジャイロは前走同様、ダートの1,800mで惜しくない2着。
ダートでも安定した走りは見せているので、また次走も同じ条件で行くのでしょうし、メンバー次第では勝てるかも。

思ったよりもズブい感じなんで、距離はこれくらいあってもいいかもしれませんが、最後追い込むレースをするのであれば、芝の方がいいような気がしますけどね。。。

まあ勝ち上がるまではダートで行くのでしょう。


他の馬では、リボンフラワーが予想外の続戦で、次走は千両賞(500万下)へ向かう様子。
ここでマイルに挑戦するというのは、明らかに桜花賞を見据えてますね。
牡馬相手になりますが、ここを勝てれば、おもしろくなります。

レヴィンインパクトは少し間を空けて、1/30梅花賞(500万下)辺りを視野に入れているとのこと。
勝って、皐月賞トライアルに向かいたいところ。

マツリダバッハも次走は堅実に500万下で、寒竹賞辺りか。
葉牡丹賞では力があるところを見せてくれたので、次は勝ちたい。

ルフォールはフェアリーSとクイーンCの両睨み。
馬の状態次第でしょうが、行けるならフェアリーSを狙ってほしいな、と。

東京で行われるクイーンCの方が紛れは出にくいでしょうが、フェアリーSの方がメンツは薄くなる気がしますしね。
まあ、どちらのレースを選んでも勝ち負けできると思っていますが、もしここで収得賞金を加算できないと今後のローテに響きますから、確実に行きたいですね。

ドラ1・シンハライトも、そろそろ戻ってきてほしいところですが。。。
スポンサーサイト


スポンサードリンク


[ 2015/12/15 23:28 ] MY POG馬 2015-2016 | TB(0) | CM(0)

【POG馬結果】 期待の牡馬総崩れ。今年も牝馬頼みか。。。



スポンサードリンク



先週は個人的な牡馬の勝負週だったんですが、
見事なまでの総崩れでした。。。

【葉牡丹賞】
レヴィンインパクト 1番人気7着
マツリダバッハ   5番人気4着

【シクラメン賞】
ダノンシャルマン  1番人気3着

【その他】
リボンフラワー   未勝利戦1着
コアコンピタンス  新馬戦4着

葉牡丹賞はレヴィンインパクトが1番人気を集めました。
これまでの3戦のパフォーマンスから、当然勝ち負けが期待されたのですが、まさかの7着と惨敗。
うーん、、、前走同様、進路に泣きましたね。外から被せられて完全に行き場を失ってしまいました。本当に強い馬なら他馬を弾き飛ばしてでも差してきたかもしれませんが、現時点ではこの馬にそこまで期待するのは酷でしょう。

鞍上も「もっと外に出したかった」と言っていますが、この馬に末脚があるのはもう十分わかってるわけなので、前走といい今回といい、外にさえ出て直線勝負できれば、もう少しやれたと思うんですけどね。
あと、今回は他馬との兼ね合いで中山に遠征させたのも痛かった印象。中山、明らかに合ってません。
広い外回りコースで出直さなきゃダメですね。

マツリダバッハは、最後追い込むも4着止まり。
「もう少し早めに出しても良かったが、先のことを考えるとね。今日のようなレースをして競馬を覚えてくれれば、もっとよくなってくれると思う」という蛯名騎手のコメントがまさにその通りですね。
最後の脚色を見る限りは、早く追い出せばもっと際どかったでしょうが、ぎりぎりまで我慢させた、ということでしょう。
少なくとも、蛯名騎手に戻って、前走の全く見どころのなかったきんもくせい特別5着から、再びパフォーマンスを上げてきました。これは大きな収穫。
今日の走りを見る限り、この馬は中山でもやれそうなので、次走は京成杯なんてどうでしょうか。

そしてシクラメン賞は、こちらも1番人気を集めたダノンシャルマンが最後競り負けて3着。
こういう競り合いの経験は今後にとってプラスでしょうが、このレースの勝ち負けという観点からは騎乗ミスの感が強いですね。。。
この馬にこういう、よーい、どん!の末脚勝負をさせては勝てっこありません。

そもそも、圧勝した新馬戦も上がりは他馬より遅いですし、兄・ダノンバラードだって速い上がりなんてほとんど出したことのないわけで。。。
川田騎手も「上がり勝負にさせ過ぎた」と言ってますけど、このメンツなら確実に勝っておきたかっただけに痛い敗戦。
まあ、さすがに今回のような少頭数の超スローになることはもうないでしょうし、次走は早めの抜け出しを意識してくれれば同じことにはならないでしょうが。
次走はきさらぎ賞なんてどうでしょうか。

今週デビュー戦を迎えたコアコンピタンスはダート戦で4着。
まあ、デビュー前の情報から考えれば上々の内容かな、と思いますが、まずは調教代わりにダートで勝ち上がってもらって、なるべく早く芝を試してもらう、ということでしょうね。
さすがにこの血統で、ずっとダート路線とは持っていないでしょうし。

そして今週唯一の救いだったのがリボンフラワー
これまでの2戦は後ろから行って最後届かない、という展開でしたが、今回は積極的に前に行って、直線でも後続の追い上げをしのぎ切る新たな形で勝利。
パーシーズベストと同じような形で3戦目を迎えましたが、この馬は新境地を開いて勝ち上がってくれました。
抜け出してからはソラを使って後続に迫られた感じでしたが、もう一度エンジンをかけ直して抜かせない辺りは、着差以上の快勝だったかと。

この馬とパーシーズベストはオークス狙いかな、と思っていましたが、これなら桜花賞も視野に入れても面白いかもしれませんね。


ということで、リボンフラワーが一矢を報いてくれた今週でしたが、1番人気で出走した牡馬2頭が沈んだのは残念でした。
ただ、個人的には2戦とも、明らかな敗因のあるレースだったと思うので、マツリダバッハを含めた3頭はまだまだクラシックへのチャンスはあると思います。

ただ、クラシックの勝ち負けというレベルからはちょっと遠のいたかな。。。
今年のPOGも早くも牝馬頼みの様相が濃くなってきました。。。

スポンサードリンク


[ 2015/12/07 17:02 ] MY POG馬 2015-2016 | TB(0) | CM(1)

【POG馬結果】パーシーズベストも。指名馬総崩れ。



スポンサードリンク



先週はドラ2・ケイブルグラムがデビューも、5着と完敗。
まあ、能力云々というより、スタートからの行きっぷりが酷すぎましたね。。。
エンジンがかかるのもめちゃくちゃ遅かったですけど、最後の最後にいい脚を見せてくれました。

末脚はそれなりにありそうなので、レースをわかってきてちゃんと追走できれば、まだまだ諦める必要はないでしょう。
年内にもう1走するようなんで、変わり身を期待。

リボンフラワーは満を持しての2走目になりましたが、まるでパーシーズベストの2戦目を見ているかのように、最後追い上げるも届かずの2着。こういうレースを繰り返しているとだんだん着順が下がっていくことが多いですからね。。。
とにかくまず1勝を。

トウショウジャイロはまさかのダートでの復帰戦になりましたが、それなりにこなしての2着。
この様子ならまた次もダートを使ってきそうな気がしますが、芝でも十分やれると思うんですが。。。
一体この陣営は何を考えてるのか。。。

そして、今週出走したパーシーズベストは、過去2戦からパフォーマンスを落としての5着。
上に書いた「こういうレースを繰り返しているとだんだん着順が下がっていく」典型例。

まあ、今回は思いの他、中団でついて行けてしまったんで、結果的に息が入らないまま一気にペースが速くなってしまって終わりの脚が残っていなかった、という感じですね。
ロイカバードと位置取りが逆なら、結果も変わっていたと思いますが。。。

それに、「発汗も見られ、目に見えない疲れがあったのかも」というコメントもある通り、やはり立て続けに牡馬と3戦したのが牝馬にとってかなり負担になったというのもあるかと。3戦させるなら、確実に勝ち上がれるレース選びをしないと。。。

ちょっとクラシックは遠のいてしまいましたが、過去2戦に比べて明らかにパフォーマンスを落としているので、乗り方次第でまだまだ巻き返し可能だと思います。
騎手を替えて心機一転してほしいところ。

ということで、デビュー戦惨敗のアフェクテューズやきんもくせい特別でまさかの5着に終わったマツリダバッハから引き続き、POG指名馬が軒並み総崩れになってきました。

いやー、こりゃやばい。

そして、今週末は勝負週です。
レヴィンインパクトとマツリダバッハが葉牡丹賞に、ダノンシャルマンがシクラメン賞に出走します。
現状、この3頭が牡馬の頼みの綱なんで、何としても2レースとも勝ちたい。

万一3頭ともこけるようなことがあると、前半戦にして今期のPOGにかなり暗雲が立ち込めます。。。


スポンサードリンク


[ 2015/12/01 23:30 ] MY POG馬 2015-2016 | TB(0) | CM(0)

【POG馬結果】アフェクテューズ、おわた。。。か?



スポンサードリンク



本日はMy POG馬から2頭が出走。

アフェクテューズは新馬戦に出走しましたが、絶望的なブービー賞。
いやー、故障かと思うくらいどうしようもない走りでしたね。
たぶん、何らかの原因で序盤でレースをやめてしまったんじゃないかと。

さすがに今回だけで判断するのは早すぎるかもしれませんが、
この馬の活躍は赤信号に近い黄色信号か。。。(泣)

とりあえずはまずは故障じゃないのを祈りましょう。

レヴィンインパクトは、黄菊商に出走し2着。
いやー、バティスティーニは強かった。クラシック候補ですな。

ただ、レヴィンインパクトの方も見た目以上に力を出し切れなかった印象。
脚質的に4コーナーで前が詰まったのは致命的でしたね。明らかにスピードに乗るのが遅れました。

それがなければバティスティーニに勝てたとは言いませんが、もう少し差は詰められていたと思います。
まだまだ逆転のチャンスはあるでしょう。

500万下に出て収得賞金を加算できなかったのは痛いですが、このメンバーで2着は現時点ではよしとしないといけないですかね。。。


前回更新で抜けていた次走予定ですが、

ダノンシャルマンは12月6日・シクラメン賞へ。
最近の常道としては、有力馬のこの時期であれば、東スポ杯2歳S、京都2歳S、ホープフルSという重賞へ向かうパターンが多いですが、500万下から来ましたか。
来年のクラシックトライアルに向けてはまず2勝をしっかり挙げておくことが大事ですから、悪くないと思います。

ここであれば、レヴィンインパクトが出た黄菊賞のように強敵ぞろいということにはならないでしょうから、確勝を期してほしいですね。

そしてルフォールの次走は「年明けの牝馬限定重賞」とのこと。
まあ、普通に考えればフェアリーSでしょうね。
兄弟も中山で重賞を制していますし、この選択はかなりいいんじゃないかと思います。

これであと、シンハライトがシンザン記念を目指してくれれば、来年も年明け早々から楽しみになります。

スポンサードリンク


[ 2015/11/15 15:02 ] MY POG馬 2015-2016 | TB(0) | CM(0)

【POG馬近況】 メジェルダは阪神JFへ。



スポンサードリンク



POG指名馬の次走予定がいろいろ出てきました。

レヴィンインパクトは予定通り、今週の黄菊賞への出走が確定。
しかし、ここは結構厄介なメンバーになりました。
デイリー杯2歳Sにも登録のあったバティスティーニがこちらへの出走となり、
他にもアラバスタ―、クィーンズベスト、ジョルジュサンクと強敵揃い。

これまでの2戦の内容から見ても好勝負はできると思いますが、
果たしてこのメンバーで勝ちきれるかどうか。勝てれば重賞戦線でも期待が高まります。

アフェクテューズも今週の新馬戦への出走が確定。
陣営もまずまずの手応えを持ってのデビューのようなので、今回のメンバーなら新馬勝ちしてほしいところ。
血統的には、ディープ牝馬で米G1勝ちのフラニーフロイドを母に持つプラトリーナが怖そう。

ファンタジーSで2着に入ったメジェルダは予想通り阪神JFへ向かうことを表明。
1,600mはやや長いと思いますが、さすがにここでG1に出走できるチャンスは手放さないですよね。個人的には掲示板目標で頑張ってほしいと思います。

きんもくせい特別でまさかの5着に沈んだマツリダバッハは、12/5の葉牡丹賞へ向かう予定。
しばらく出走しないかと思ったら、意外と早く次戦が決まりました。初戦の手綱を取った蛯名騎手に戻るのはいい材料ですね。
この血統は、1戦凡走したくらいじゃ判断できないと思っているので、まだまだ期待です。

ケイブルグラムは来週21日の芝1,800m戦でデビュー予定。
調教での走りはまだまだで初戦からはどうかな、という感じはしますが、鞍上はムーアですし、仮に勝てなくても見どころのある走りは見せてほしいところ。

デビューから連続2着のパーシーズベストは、11月29日の京都芝1,800mに向かう予定。
厄介な相手さえいなければ勝ち上がれる可能性は高いでしょうが、同じレースにロイカバードが出てくるとか。。。
もう3戦目なんで、相手関係で出るレースを選択した方がいいと思いますが、陣営はどうするでしょうか。

リボンフラワーはまだ2戦目の予定が出ませんが、かなり時計が詰まってきているので、来週あたりには出てきそうな様相。
デビュー戦の最後の末脚は目を瞠るものがあったので、次は勝ち負けのはず。

トウショウジャイロは、、、一体いつ出てくるのやら。
調教ばかりやって出走させないって、陣営は何を考えてるんでしょうね。

牝馬のエース・シンハライトルフォールは、年内はとりあえず休養。
シンハライトの方は飼い食いがよくないようなのでちょっと心配です。


ということで、年内は牡馬陣がどこまでがんばってくれるかですね。
ドラフト上位で獲ったケイブルグラム、アフェクテューズがどんな走りを見せてくれるか、期待です。

スポンサードリンク


[ 2015/11/13 11:32 ] MY POG馬 2015-2016 | TB(0) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。